グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東国大学校
2019年9月号 国際学部 S.M 

〈余暇の過ごし方〉

 私の余暇の過ごし方は様々ですが、基本的に友達と外に遊びに行ったり家でゴロゴロしたり勉強したりします。大学でできた友達や語学堂の友達、一緒に留学に来ている友達と遊ぶことが多いです。韓国人の友達や語学堂の友達と遊ぶときは、韓国語で話をするので実践的に韓国語を使いつつ友達との時間も楽しむことができるので一石二鳥です。それ以外にも、語学堂の友達は中国人とベトナム人が多いですが、ご飯を食べに行ったり話していくうちに韓国にいながら他の国の文化などを学んだりすることができてとても面白いです。

 私は寮を出てからは新村で一人暮らしをしているのですが、梨大も弘大も隣の駅なので歩いていくことができたりととても便利な立地です。そのため、よく弘大には遊びに行ったりショッピングをしに行きます。また、韓国にはオシャレなカフェやインスタ映えな場所がたくさんあるので、インスタなどで探して友達と巡りに行ったりします。その他にも、韓国は交通費が日本に比べてかなり安いので遠出しに行くこともあります。

 

〈一人暮らしについて〉

  東国大学は、寮に住めるのが8月末まででした。それで私は、インターネットで日本語も対応している不動産をメインに部屋を探しました。契約も思ったよりも簡単で自分一人で契約することができました。韓国で一人暮らしを始めて1か月ほどが経ちましたが、私は京都でも一人暮らしをしていたのでそう大した違和感もなく暮らしています。最初の時に不動産の方が部屋の説明やゴミの分別の説明など細かくしてくださったので特に困った点はありません。何か部屋の中で困った点があればカカオトークですぐに相談することもできるのでとても気が楽です。

  寮ではキッチンがなかったのですが、今現在住んでいる部屋ではキッチンもあるので自炊を心掛けて行っています。韓国のスーパーには日本で売っているものもなかったりその反対であったりと新たな気づきがありとても面白いです。食材などは日本よりもやはり少し高いなと感じました。また、韓国のマートなどにいけば品数はとても多くていいのですが、量がとても多いので私のような一人暮らしの人が買うのには少しもったいないなと思いました。