グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ハノイ大学
2014年1月号 国際文化学部 M.I

試験について

 

 こちらは事前にシラバスを配布することはありません。なので、試験2週間前に「再来週試験しま~す」という事を聞いたりします。大体試験の前日に、試験を受ける教室が分かるといった学校のマイペースさです。試験は年に4回(中間×2回、期末×2回)あります。ベトナムは9月が入学など始まりの時期なので、それに合わせて10月、1月、4月、6月に試験が実施されるようです。Reading,Writing,Listening,(*期末テスト時のみ+Speaking)を行います。

また、先生(1週間毎日違う先生がご教授される)によって教え方が違うので、復習の時間にどれだけ時間を割くか、またどんな復習をするかが異なります。そこはクラス運次第でしょう。テストでは習ったことのない単語が並んでいたり、Listeningは日ごろ街中で聞かないくらい速いベトナム語を聞きとらなければならないので、初心者組には難しかったです。

 

 

お金の送金方法について

 

 私はこちらでの生活費を全て現金で持ってくるのが怖かったので、現地にて銀行口座を開きました。Vietcom Bankを利用しており、口座開設時はパスポートさえ持参すれば作れます。Vietcom Bankはハノイ大学の近くにも中心地のホアンキエム湖にもいくつかあるので、困る事はありません。口座開設時におススメしたいことは、ドルで口座を開く(貯めておく)、ドルでもドンでも引き出せるようにしておく、という方法です。ドンの価値は変動しやすいと有名なので、ドルで開いた方が安心です。私の場合は、一度にまとめて家族から海外送金していただいたので、その都度必要な分だけドンで引き落としていました。しかし、銀行口座を作らずとも町には両替できる場所もいくつかあります。銀行や貴金属を取り扱うお店(こっちの方がレートがいいと言われている)です。なので、口座を作る事は必ずしも「しなければならないこと」、という訳ではありません。