グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ハノイ大学
2017年3月号 国際文化学部 R.M

1, 余暇の過ごし方について

私はよくカフェで時間を過ごすことが多いです。ハノイには驚くほど多くのカフェがありますので、カフェ巡りが趣味になる方も少なくないです。私もその一人です。パッションフルーツが好きになり多くの店で飲み比べを行っています。カフェに行くとクラスメイトに遭遇したり、部屋にいてはもったいないので外にでるように心がけています。毎日かかさず二時間ほどの昼寝も習慣になりました。というのも、ベトナム人のほとんどは必ず昼寝します。のでぼくもそうなってしまいまいした。よくベトナム人の友人と出かけます。しかし遊ぶ場所や日本のようにカラオケにいったりというようなスポットは少ないので公園へ行くかカフェに行くかになります。加えて友人たちとの金銭感覚も違い、晩御飯をどこで食べるか、何を食べるかも、大きな問題になってしまいます。時々は私が支払うのですが、それをひどく嫌うため、させてくれないときもあります。二週間に一度ほど日本食を食べることにしています。値段は日本と変わらないのですが、それ以上の感動が楽しめるので、私には日本食は必要不可欠です。日本食を食べると心の底から幸せになります。そして自分がここまで日本食が大好きだったことに驚きました。食は人を幸せにすることを身をもって感じました。ときどき、映画館にも足を運びます。「君の名は」もベトナムで見ました。日本の技術の高さに改めて感動し、日本で見るのとは違った感覚で映画にのめりこんでしまいまいました。日本映画以外は英語音声でベトナム語字幕なので、語学の勉強にも最適です。しかし内容がわからないこともしばしばです。映画館でのベトナム人のマナーは見るに堪えないものがあります。会話、通話、遅刻は当たり前です。もう慣れたので大丈夫ですが、エンドロールを誰一人として見る人がいなく、私が最後の一人になったときはとても驚きました

 

2, 気候、天気について

ハノイには春夏秋冬があります。しかし春と秋はものすごく短く感じます。夏は40度近くまで気温は上がります。日差しがとても痛いようです。バイクが交通手段のハノイの人々は暑いのが大嫌いです。そのため好きな季節を尋ねると、冬という答えが多くかえってきます。冬はそこまで寒くなりません。数字上は15度になるくらいです。しかし体感はもう少し寒く感じます。ダウンジャケットを着ている人はたくさんです。今は3月なので過ごしやすい季節です。しかしここから猛暑が待っていると思うと少し日本に帰りたくなります。そして日本の梅雨のように連日連夜雨が続くこともあるそうです。その際ハノイ大学は洪水に見舞われるそうです。その水がとてつもなく汚いと聞き、外に出たくなくなるらしいです。ぜひ一度体験してみたいと思います。雨が振るとバイクの方々はすぐさま雨具を着るので、眺めているととても面白いです。二人用の雨具や、バイクなのに傘をさしていたりとほんとに興味深いです。しかし転倒するバイクも多いので注意が必要です。