グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ハノイ大学
2017年1月号 文学部 S.A

日本から持ってきてよかった物

海外留学を行うにあたって、現地のものだけですませようとするのは誰でも考えることです。実際に私もそれを考え、自分の読みたい本たちだけをスーツケースに詰め込み出かけた結果、苦労する場面もありました。実際に何がおすすめの荷物か下記にある通りです。

日本食: ベトナムでは日本食は他の国ほど一般的ではありません。あの日本食が大人気などのテレビでよく見る展開は、ここハノイではないと言って良いでしょう。そうなると、実際に日本食にかかわるものを食べるには、日本食レストランに顔を出すか、輸入食品販売店を訪れるほかないのです。問題は価格で、日本食レストランの価格は日本と同程度、販売店に至っては、日本の3倍~5倍の値段がします。また、品ぞろえもあまり良くないため、歯がゆい思いをすると思います。そのため、インスタントのお茶、みそ汁、日本のお菓子などのものが重宝するでしょう。あなたがいくらフォー好きとはいっても、日本人と日本食はなかなか切り離せません。

日本のお土産等の品: やはりお土産というものは誰にでも通用する大切な言語です。特にベトナム人と会うとき、日本のお土産があれば盛り上がります。簡単なお菓子はもちろん、化粧品なども人気です。また、着物、浴衣を着ていけば、きっと人気者になれるでしょう。ベトナムのアオザイと同じように、浴衣は日本の代名詞です。

日本から持ってきてよかった物2

薬: 元気はすべての源。常備薬があれば便利なのは間違いありません。とくに胃腸薬は不可欠です。ハノイの食や水の衛生上、何度かおなかを下す時があります。鉄の胃袋の人はともかく、薬を準備しておけば大きく困ることはありません。もし本当に調子が良くない場合は、日本人駐在の病院も何軒かありますので、強く心配することはありません。

SIMフリーのスマホ: ベトナムでは誰でも簡単にSIMカードを買うことができます。そのため、SIMフリースマホであれば、どこでもインターネットにつなぐことができます。ベトナムは日本よりwifi文化が発達しているため、SIMカード無しでも最低限大丈夫ですが、あったほうが良いのは間違いありません。また、SIMフリーのスマホはこちらでも買うことができるのでそのこともおすすめしておきます。

デジタルカメラ: 高性能レンズ付きのスマホならともかく、デジカメがあると、楽しいです。ただでさえ日本とは違う環境にいるため、いろいろなところで写真を撮りたくなると思います。また、ベトナム人は写真が好きなので、撮ってあげると喜ばれます。ただしすりには注意。