グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

京畿大学校
2019年12月号 国際学部 A.M

〈この留学を振り返って〉

不安半分期待半分の気持ちで飛行機に乗って韓国に来てからもう約10か月が経ち、この留学も終わりを迎えようとしています。10か月は長いようでとても短かったです。この10か月の間に私はたくさんの人に出会っていい経験をたくさんしたり、また時には壁にぶつかりくじけそうになることもありました。これらすべての経験が私を成長させてくれたのだと、10か月を振り返った今強く思います。

私は高校生の時から韓国に留学することが夢であり目標でもありました。大学入学当初はハングルもまともに読み書きできない状態でしたが、友達がいるからと交換留学の試験を受けようと決意しそれに向けて一生懸命に勉強して無事合格し、今夢であった留学を終えようとしています。本当に試験のために努力したあの時の自分を褒めてあげたいと思います。

京畿大学で韓国人だけでなくアメリカや、ヨーロッパ、中国やベトナムなど世界各国の人たちと出会いました。今までは韓国にしか興味がなかったのですが、たくさんの国籍の人たちと出会って、色々な国の良さを知ることができ、自分の世界が広くなったように感じたのと同時に、今までの自分の視野の狭さがわかりました。これからは韓国だけでなくいろいろな国に足を運びたいと思いました。

最後に、留学は自分が頑張っただけでは意味がないものだと身にしみて感じました。もちろん語学力を向上させるのは自分の努力が必要ですが、留学をより充実させたものにするにはそこで出会う人も重要だと思います。私は京畿大学で出会った人達に感謝したいです。

 

〈帰国後どう留学経験を活かす予定か〉

まず今まで韓国語を勉強してきたので、これからも韓国語の勉強を怠らずにしていこうと思います。TOPIKの最上級である6級取得を目標に勉強に取り組んでいきたいです。将来は今まで培った韓国語能力を活かせるような職場につけたらいいなと考えています。韓国語を使える職業は多くはないとは思いますが、今まで努力してきたものを発揮できるようにしたいです。

また、留学で韓国人だけでなく世界各国の友達に出会ったことで英語の重要性も強く感じました。今までは苦手だからといって避けてきていましたが、将来のためにも苦手だからといってしないのではなく英語の勉強にもしっかり取り組んでいきたいと思います。英語だけに限らず、中国語等たくさんの言語に挑戦することで自分の可能性や世界が広がると思うので、たくさんのことにチャレンジしていきたいと思います。

自分自身が留学を経験して留学のよさを身に染みて感じました。この経験は語学を学んでいる人がするべき経験であると思うので、留学を迷ってる人の後押しが少しでもできるように、留学終了後の説明会参加時には誠実に留学の良さについて留学を考えている人たちに話していきたいです。