グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

京畿大学校
2019年6月号 国際学部 A.M

〈治安、不安に感じたこと、トラブルについて〉

留学をしてから不安に感じたことや大きなトラブルはあまりありません。しかし治安は日本に比べると少し悪いかなと思うときがあります。留学に来る前から、韓国人の友達数人にスウォン駅には絶対に夜に一人で行ってはいけないよ、と言われていました。実際にスウォン駅に行ってみるとその理由がわかりました。スウォン駅にはホームレスの方が多く、少し路地に入ると嫌な臭いがしたり、怖いなと感じることがあります。昼に遊びに行くには面白い場所ですが夜に行くのは控えた方がいいように思います。実際にホームレスの方と言い争いになったりするケースも少なくないようです。

また韓国は車のマナーが悪く、怖い思いをしたことが何度かあります。寮の付近には10車線の大きい道路があり交通量も多いです。韓国は車でも人が通っていなければ信号無視をして渡ってしまうことが多いので、しっかり車をみて意思表示をしながら道を渡る必要があります。何も考えずに携帯等をみて歩いていると危ない目にあう可能性があるので、本当に気を付ける必要があります。またバイクは交通ルールがあるのか?と疑ってしまうくらい自由に走っています。例えば歩道を普通のスピードで平然と走ったり、配達をする人は携帯を見たり電話しながら運転しています。それほど韓国の交通ルールは緩いので、普通に道を歩く際も気を付けながら歩く必要があります。

 

〈スウォン〉

私が通っている京畿大学は京畿道スウォンにあります。私は留学前から何度も韓国を訪れたことがありましたが、ソウルと釜山ばかりでスウォンについてあまり知識はありませんでした。留学前にスウォンについて調べていたのですが、世界遺産の水原華城があり歴史的な町であるということしか知りませんでした。

実際にスウォンに来て生活をしていると想像よりもはるかに栄えた町でした。歴史的な町であるから京都のような落ち着いた雰囲気があると思っていましたが、そうではなく高いビルやマンションが立ち並ぶ場所もあれば大きなショッピングセンターがあったりととても賑やかな町でした。

交通面では、まずスウォンには中心街にスウォン駅というとても大きな駅があります。駅は百貨店とショッピングモールが隣接しています。またスウォン駅にはKTXという韓国の新幹線が通っているのでスウォン駅から釜山などいろいろな場所に簡単に行くことができます。またスウォン駅は地下鉄1号線も通っているためここから地下鉄に乗ってソウルの中心地に行くことも可能です。

大学はスウォン駅からバスで30分ほどと少し離れた位置にあります。しかしスウォンの中心街から離れていても学校の周りは同じように栄えているように感じます。歩いて行ける範囲には大型マートや、ショッピングモールがいくつかあります。最近できた建物も多いので建物が異国風のデザインのものが多く、とてもきれいです。チェーン店のカフェやご飯屋さんはもちろん、おしゃれなカフェも多いので週末にはカフェ巡りをしたりします。

まだまだスウォンにはいい場所がたくさんあると思うので、留学の期間中たくさんの場所に足を運びたいと思います。

 

   (大学近くのショッピングモール)