グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

上海師範大学
2018年9月号 国際学部 Y.H

余暇の過ごし方

余暇は家で過ごすよりも外に出かけることが多いです。上海は、遊ぶ場所や観光地が沢山あるだけでなく、繁華街に出ればおしゃれなカフェやレストランもあります。安値で洋服なども購入でき、ネイルも日本の金額の半分以下でできます。振り返って考えてみると、これまで上海で過ごした半年間、余暇の多くをカフェで過ごしたように思います。特に、学校から自転車で15分ほどの場所にある、カカオカフェが過ごしやすいのでよく通っています。充電もできて、Wi-Fiがあるだけではなく、机に貼ってあるQRコードを読み取ることでウェブ上で注文・お会計が瞬時にできるので本当に便利です。このカフェの近くにはレストランだけでなく映画館もあります。中国の映画は日本と比べて値段も安く、日本の映画も上映されているので、お得に見ることができます。

 

郵便物について

タオバオ(中国の通販サイト)などで購入した物品や、日本から送られてきた荷物や書類などは全て、快递という場所に全て届きます。荷物が届いた時に携帯番号にショートメールで荷物の番号の通知が来ます。通知が来たら、快递に行って自分で荷物を探し、身分確認をしてもらって受け取ることができます。しかし、一週間ほどしか取り置きしてくれないので気をつけなければなりません。

外国から送られてきた荷物は、学校の快递まで届かない場合があります。その時は、十号线の虹桥一号航站楼という駅から徒歩10分ほどの場所にある検査場まで取りに行く必要がありました。その場所で、書類に中身が何か詳細を全て書いて、税金を払わなければなりません。届いたものが新品でない場合はお金を払わなくてよかったため、書類を書く際に新品でないと書くことをお勧めします。