グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

シーナカリンウィロート大学
2019年11月号 文学部 R.H

①治安、危険を感じたこと、トラブルについて

 タイのバンコクに住んでいて治安が悪いと思ったことが一度もありません。スラム街など危険だなと感じるところには、自ら行かない限り、危ない目にあうことは無いと思います。しかし、一つ挙げるとするならば、横断歩道などは日本に比べると危険です。なぜなら、信号もなく白線が書かれた車道を車とバイクタクシーを見計らって渡らなければならない横断歩道もあれば、歩行者の多い信号でも、信号の変わる時間が早く、ぎりぎり渡り切れるかどうかの横断歩道もあります。日本のように歩行者信号が整っている場所は少ないので、そのような信号がないところでも車が止まって渡ることができます。でも、これらは慣れるまではなかなか信号を渡れませんし、渡れるようになった今でも危険だと感じます。

 

②タイの冬

 もちろん、タイは一年中暑い国なので冬の季節はありません。11月、12月にかけて少しは涼しくなるのではと思っていましたが、実際に住んでみると、11月現在も暑いままです。日本人の私は夏と同じく、汗をかき、クーラーなしでは過ごす事が出来ないのですが、最近は暑い外を歩いていても、パーカーやセーターなどの上着を着ているタイ人を見かけます。日本人とタイ人とでは体質が違うのか、暑い中で上着を見て、驚くとともに、暑いタイでの冬を迎えるのを楽しみつつあります。

 

バンコク王宮周辺道路