グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

シーナカリンウィロート大学
2019年9月号 文学部 R.H

①環境について

タイの環境については、大学内と私が住んでいる地域の二つに分けて紹介します。まずは、大学内についてですが、ほとんど龍谷大学と変わらないと思います。食堂は三つあり、スターバックスも大学内にあります。図書館には映画を見ることのできるブースがありますし、キャンパスの真ん中にある芝生で、スポーツの日にはたくさんの人たちがバトミントンなどのスポーツをしていて、施設としてとても充実していると思います。

次に、住んでいる地域についてです。最寄りの駅の周りには、大きなショッピングモールが一つと、何でも買い揃えることができる大きなスーパーが一つあります。バンコク内でも、外国人が多く住んでいる地域なので、スーパーには多くの輸入食品を見かけたりします。フードコートでご飯を食べることができ、日本のものも売っています。近くには日本の通訳さんがついてくださる病院があり、とても住みやすいです。

 

②交通手段について

タイには電車、バス、タクシー、ボート、バイクタクシーなどの交通手段があります。渋滞が日常的に起こるバンコクでは、電車が人々の主な交通手段になります。しかし、朝の通勤ラッシュと帰宅ラッシュ時には、とても混み合いますし、長い列がホームにできます。

そんな時はバイクタクシーを使うと、渋滞している車の間を進み、時間を短縮出来るので、遅刻せずに済みます。タクシーはアプリを使うことで、呼ぶことも支払いも出来るので便利です。バスは冷房のあるのとないので、料金が異なります。川の上を行き来するボートはとても安いので、これを使い通勤する人々もいます。