グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2019年6月号 文学部 W.M

①治安、危険を感じたこと、トラブルについて

台湾の治安は、学校の周りはとても良い方です。しかし、場所によっては、治安があまりよくないなという場所もあります。日本と同じだと考えていいと思います。私が以前、ある駅の周辺の小さい食べ物屋さんにいた時、ケータイをとられそうになりました。その相手は、普通のおばあちゃんでした。私が机の上にケータイを置いていて、食事をとっていて、気付くとケ-タイが無くなっていました。ちょうどその時気付いたので、私は取り返せましたが、物を置くときには、気を付けた方が良いと思います。やはり台湾は治安が良い国ではありますが、カバンを開けたままにしないとか、自分のものは、しっかりと見張っておくのがよいでしょう。トラブルだと私は、在留所の届ける場所を間違えてしまっていました。半年の留学生と一年の留学生は、届ける場所が違うので、しっかりと注意して場所を調べるのが、いいと思います。また、私は、台湾にきてノロウイルスにかかり、病院にいきました。原因は、今もわかっていませんが、やはり生ものや海鮮物には、気を付けるのがいいと思います。台湾の病院は、日本語が通じるお医者さんもいるので、安心です。私が行った病院がそうでした。また、龍谷大学からの保険に加入していたので、病院のお金も一円もかからなかったので、良かったです。保険がきく病院をちゃんと調べてから、行くようにするのがいいと思います。

 

②花蓮旅行

友達と一泊二日で花蓮の旅行に行ってきました。電車のチケットは、往復で880元(日本円で約3000円)で、台北からは二時間半ぐらいで行くことができます。花蓮は景色がとても綺麗で、自然が豊かでした。また、台湾の原住民族の方が多く住んでいるため、歴史に触れながら、満喫した、旅をすることができました。