グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2019年7月号 文学部 W.M

①日本から持ってきてよかった物

絶対に必要なものは、パソコンです。授業登録もすべてパソコンで行いますし、レポートが多いので、パソコンなしでは、少し大変だと思います。また、携帯の充電器は、何個か持ってこないと、台湾で売っているものが使えない時があるので、絶対に必要です。服も、基本気温は温かいのですが、夏服だけだと、二月~四月ぐらいまで急に冷えて寒くなるときがあるので、何枚か厚めのパーカーやカーディガンがあるといいです。また、台湾は日本の製品も多くそろっているので、化粧品や、シャンプー、ティッシュなどの日用品は問題なく買うことができます。しかし、塗り薬、飲み薬などは、日本から持ってくるのが良いと思います。私は、台湾に来て肌荒れがひどく、薬局で市販の塗り薬を買い使いましたが、効果はありますが、少し強くて、合わなかったです。なので、肌荒れしやすい方は、日本からたくさん塗り薬など買って持ってくることをお勧めします。飲み薬は、日本で売っている薬もありますが、日本から、風邪薬、頭痛薬、胃薬など、持ってくることをお勧めします。また台湾の蚊は日本の蚊と違ってものすごく強いです。なので虫よけスプレーと少し強めの塗り薬を持ってくることをお勧めします。台湾にも虫よけスプレーや塗り薬は、ありますが匂いがすごく強いので、私は少し苦手でした。また台湾でも売っていますが、私が日本から持ってきたものでよく使うものは、折り畳み傘、ハンガー、バスタオル数枚、洗濯ネット、水筒、小さい鞄、リュック、ドライヤー、電子辞書、サンダル(部屋履き用、外履き用)、文房具、イヤホン、鏡などです。

 

②台湾の虫刺されについて

私は日本にいるとき、あまり蚊に刺されないほうだったのですが、台湾に来てから、虫よけスプレーをしないと絶対に蚊に刺されます。そして、台湾の蚊は、痒みも強く、痕が残りやすいので、本当にどんな熱い日でも、虫よけスプレーをしてから外出しないといけません。そして、台湾には小黑蚊という種類の蚊がいます。これは普通の蚊に刺された時よりもさらに、ものすごい痒みに襲われます。眠っていても目が覚めるぐらいの痒さといわれているぐらい本当に痒いです。私は、花蓮に旅行に行ったとき、虫除けスプレーをしていましたが、汗で取れてしまっていて、長ズボン、七分袖のTシャツを着ていたのにも関わらず、ほんの数分で長ズボンと靴下の間と、Tシャツからでている首の部分を何十か所も刺されてしまい、本当に一週間ぐらいたってもなかなか治りませんでした。日本人は台湾の蚊に慣れていないから、このように症状がとてもひどく出ることが多いようです。なので、台湾に来る際は、虫除けスプレーを絶対にして外出したほうが良いです。