グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年5月号 国際学部 S.M

①授業紹介

私は英語枠で留学しており、英語学科に所属していますが他の学科の授業も受けられます。ただ履修の際には、最初の授業で一度交換留学生であることを話して、受けられるかどうか確認する必要があります。また大学付属の中国語センターでも、週に二回合計六時間を無料で受けられます。ただ、私は週六時間の無料授業では少ないと感じたので、学費を払って平日8:00-10:00の週十時間のレギュラークラスを受けています。英語学科では発音や討論の授業も受けていますが、日本の英語の授業よりも難しいので、留学前は英語の勉強も必要だと思います。

 

②台湾の素食

素食というのはベジタリアンのことで、台湾には宗教上の理由や家庭のしきたりなどにより、素食の人が全国民の10%ほどいます。実際に私の中国語の先生はベジタリアンではありませんが、実家が酪農をしているため牛肉は食べないとおっしゃっていました。また学校の台湾人の友達も家庭の伝統で、豚を食べません。そのため台湾の夜市や街中には、素食と書いたベジタリアンのためのお店がたくさんあります。また、台湾人以外にも留学にきている外国人や日本人の中にもベジタリアンの人や、豚肉や牛肉を食べないという人がいるため、食事の時は食べられないものあるかと聞くことが習慣になりました。

 

時間割表と台湾の夜景