グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

台湾師範大学
2020年9月号 国際学部 S.K

①余暇の過ごし方

余暇の過ごし方についてですが、我ながら驚くほどそれらしいことはしていません。

夏休みの間のことであれば、先月のマンスリーレポートでも書いたことなんですが追加の中国語のコースへ通って、それ以外では中国語の勉強や授業の復習、そしてYouTubeを見たりしていました。

普段の土日であれば、Readingの課題がとても多いためそれを読んだり、中国語の勉強をしたり、息抜きにまたYouTubeを見たりしています。ただ友達が誘ってくれたときは、こちらではKTVと呼ばれるカラオケに行ったりご飯を食べに行ったりしています。

このような、なんてこともない余暇の過ごし方をしています。

 

②後期のはじまり

9月に入り後期がスタートしました。「これが終われば帰国か~」と少し寂しさを覚えました。

それはさておき、ここにきてついに待望のオリエンテーションがありました。このオリエンテーションでは、キャンパス間を行き来する無料のシャトルバスのことや履修方法などすでに知っているような内容のものへの説明が行われました。「この説明、来たときにしてほしかったな」と思わずにはいられませんでしたが、その後にオリエンテーションで説明されたことに関するクイズを皆で楽しく出来たので良かったです(正解するとNTNUのしおり?が貰えました)。加えて、恒例の菓子パンセットも貰えたのでそれも嬉しかったです。

そんなこんなで早くも9月も終わりかけでまた忙しい日々を過ごしていますが、残りも後悔の無いように楽しんで行きたいと思います!という決意表明と共に9月のマンスリーレポートを締めたいと思います。