グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

同済大学
2019年11月号 政策学部 K.U

●授業について

授業は前期と変わらず、午前八時から始まります。一週間のうち文法を習う综合科は六回、リスニングの練習をする听力课と口语课はそれぞれ二回ずつあります。
この3つの授業はマストで、午後には太極拳や書道の授業など、自由に選択できる授業があり、私は今学期から書道の授業を取っています。
総合授業の方は、日本で学んでいた時の感じとよく似ています。まず本文があり、横のページに新出単語と文法の説明があり、最後に練習問題があります。だいたい三回の授業くらいで次の章に移ります。リスニングの授業はひたすら音声を聞いて問題を解く感じです。口語の授業は、先生がPPTを作成して説明してくれます。宿題ではよく、ペアを組んでストーリーを作り、全員の前で発表するという課題がよく出ます。

 

●タオバオでの買い物

中国ではタオバオという大きなネット通販があるのですが11/11は多くの商品が半額以上の値段で売られる特大セールの日です。私はこの日を待ち続け、キープしていた商品をまとめてこの日に買いました。タオバオでは買えないものがないと言って良いほど品揃えが豊富で検索機能も優秀なのでとても便利です。例えば、自分がほしいなと思った物の写真やスクリーンショットをタオバオ上でスキャンさせれば、その写真と似たような商品が検索結果として出てきます。
ただ、同じような商品が全然違う値段で複数候補に挙がってくる場合、安い物は人気商品の劣化版だったり、質があまり良くないということが多いです。実際に買った人の人数を見ると同じような商品でも高い値段の方を買っている人の方が案外多いので、極端に安い物は避けた方が良いと思います。とはいえ、一度使ってみると中国で生活でする上では欠かせないと感じるほど本当に便利なアプリなので、中国に留学される方には是非お勧めしたいです。

タオバオ(淘宝)