グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

同済大学
2019年9月号 政策学部 K.U

●余暇の過ごし方

土日の過ごし方は特に決まっていませんがスーパーやショッピングモールに買い物に行くことが多いです。大学から二駅のところに五家角という駅があり、降りたらショッピングセンター街があるのでそこによく出かけます。雑貨屋さんやユニクロ、無印、日本料理店など、馴染みのあるお店が沢山あります。他にも、紫荆广场というショッピングセンターを最近友人に教えてもらい、そこも気に入っています。8号線沿いにあるので地下鉄で行くと乗り換えが面倒ですが、距離的には近いので自転車で行けば10分かからないくらいです。そこにはサイゼリアや丸亀製麺があるのでそれ目当てに行く日もあります。(笑)
平日は難しいのですが、土日には中国人の友人と外へ出かけたり図書館で一緒に宿題をすることもあります。

 

●新学期が始まりました

同済大学の授業初日は9月2日でした。私は8月22~25日家族と上海と蘇州を旅行し、その後数日間ホテルに泊まってから28日入寮しました。今学期まず最初に思ったことは日本人の留学生が一気に増えたな~ということです。私が2月に来たときと比べても、キャンパス内で日本語が聞こえてくることが多くなったように感じます。私は前学期からクラスを一つあげてC班クラスに入りました。しかし全体的なレベルはB班と大差ないな、というのが正直な感想で、ただ新出単語や教科書の本文の量は多くなりました。はじめの一週間はD班に行こうかと真剣に悩んでいましたが、今学期から来た日本人留学生の中国語レベルが高く、D班には10人前後の日本人がいると聞き、それはちょっと避けたいなと思ってC班に決めました。先生がすぐ自分の名前を覚えてくれたのと、前学期B班にいた留学生が私を含めて7人いるのでその安心感と、新しく来た留学生と仲良くなれたのもC班に決めた理由の一つです。はじめの一週間は自由に他のクラスを見て回れるので、レベルだけでなく雰囲気を見るのも良いのではないかと思います。

今学期からキャンパス内に街灯が増え、夜でも明るくなりました。その写真と蘇州に行った時の写真です。