グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東海大學
2015年11月号 国際文化学部 Y.S

【授業紹介】

華語中心での授業は基本3人~多くて7人ほどの少人数制クラスとなっています。クラスはA・B・Cクラスと分かれ、さらにAはAでさらに細かくクラス分け、という風になっているので全部で20クラス程あると思います。

教科書は様々あり先生が指定したものを購入します。クラスのレベルに合ったものを使うので、初級クラスの教科書にはピンインや英訳もありますが、上級クラスになると英訳もピンインもない教科書を使うのはもちろん、内容もどんどん難しくなっていきます。

私は現在午前クラスで1日3コマ華語中心の授業があります。クラスメイトは韓国人2人、インドネシア人1人、日本人3人、ベトナム人1人いて皆仲がいいです。(先学期のクラスメイトは全員日本人でした)

1コマ50分の授業で、毎時間ちがう先生が教えてくれます。華語中心の先生は皆個性が強く、ユニークな先生が多く毎日楽しく中国語の勉強もでき、また少人数制クラスなので質の高い授業を受けることができます。

 

 

【運動会】

11月1、2日に開催された東海大學運動会に参加しました。1日目の競技はすべて予選で2日目が本選という形となっています。

今年は東海大學60周年だったので盛大に開幕式が行われました。東海大學の付属幼稚園・小学校・中学校・高校、そして大学生によるダンスのパフォーマンスもあり、楽しい開幕式でした。

参加チームは東海大學の各学部に分かれ、私たち留学生は国際学生チームとして参加します。当日はIBPの方々がいつ競技が始まるか教えて引率してくれたり、競技中は一生懸命応援してくれたり、またお昼ごはんや水も提供してくれてサポートが素晴らしかったです。私は女子の綱引きに参加しました。1日目はすべて勝ったのですが2日目はすべて負けるという残念な結果になってしまいました。総合結果では国際学生チームは30位中6位という成績を収めました。

大学生になって運動会に参加するなんて思いもよらず、そして自分がいかに運動不足なのかも思い知りましたが、国籍を問わずみんな一緒に運動会に参加するというまた1つ記憶に残る思い出が増えました。