グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東海大學
2020年6月号 国際学部 K.H

①治安、危険を感じたこと、トラブルについて

台湾に来てからもう四か月以上たちました。私がここにきて、特に危険な目にあったとかトラブル等は起きていません。しかし、私が危険だと感じているのは交通です。台中内で生活するには基本バスを利用しています。バスは揺れが少し激しく感じるので乗り物酔いしやすい人は気を付けたほうがいいと思います。また、日本では歩行者優先ですが、ここでは自動車優先のように感じています。横断歩道を渡る際も、車が先に曲がろうとするので危なく感じています。また、バイクの量も多いです。夜市の近くでは歩道がないところもあるので、音楽を聴きながら歩くのは危ないので避けたほうがいいと思います。

 

②花蓮旅行

私は中国語の授業が終わった金曜日から三日間台湾の東に位置する花蓮に日本人のルームメイトと旅行に行ってきました。向こうでは地図には載っているバス停が実際には見当たらない、そもそもバスの数が少ないなどの理由もあり、遠い場所へはタクシーを利用しました。タクシーの運転手さんとは中国語を実際に使う大チャンスであり、今まで習ってきた文法を使ってなんとか楽しく会話をすることができました。花蓮の人たちはみんな優しくてとてものどかなところです。有名な食べ物といえば、餅のような麻糬、ワンタンメンに似ている?扁食です。