グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

バルセロナ自治大学
2014年3月号 経済学部 W.X

 

治安、危険を感じたこと、トラブルについて
日本にいたとき、特に治安が悪い、危険を感じたことがなかったです。ただたまに終電を乗るとき酔っ払った変なおじさんがいました。しかし、スペインでは、いつでも、出かけるなら危機感があります。
なぜかというと、外出する時にだいたい電車を乗ります。スリが多いです。今まで留学先たち何人かもう財布とかIphoneとかを盗まれました。最悪だと思います。財布の中にはお金は別にいいから、在留カードとか銀行カードとか学生証など揃っています。再発行には面倒し、ややこしいです。このようなことがあったら、何日に気分も良くならないです。気をつけなければならないです。
普通の外出はもう危険ですので、旅行中は尚更です。ヨーロッパはとこでも同じと思います。特にスリが多いところもあります。バルセロナとかローマとか。治安が悪いではないと言われたスイスでパスポートまで盗まれたケースもありました。決して油断してはならないです。みんなは休みを利用して旅行しに行くのは定番です。貴重品だけではなく、カバン、スーツケースも目に見える範囲に置いてください。駅の待合室ですぐ隣の席に置いてあるよと思って、携帯を触ったり、友達としゃべったりします。そのうちに、取られます。
旅行中写真を撮るのは当たり前ですが、カメラ、携帯でもできればひもを引いて、首に掛けてください。ただ手で持つのは危ないです。アジア人はターゲットになりやすいからです。人身安全にかかわるトラブルがあまりないです。パスポート、財布、携帯のような貴重品をちゃんと保管したら、生活も旅行することもうまくいくでしょう。
自由テーマ
時間は早いものです。後期の授業もあと三ヶ月しかないです。スペインで生活していますけど、スペイン語のクラスは周2回しかないです。普段はみんな母国語と英語をしゃべる時も多いです。それでもスペイン語は来る前よりましですが、大きな質の変化はないと思います。環境があって、外国語が必ず上手にしゃべれるとは言えないです。大事なのは自分から話すことを気つきました。5月にDELE試験があります。今はB1レベルの内容をやっていますが、自分でたくさん練習問題とリスニングを練習したら、したいならB2を挑戦するべきですよ。先生はこう励ましてもらいました。
確かに、クラスの時間と先生と話す時間は限っています。それでも、自分で勉強するとき疑問点をメモして、毎回授業のあと一問だけ聞けば、だいぶん進めます。そしたら、準備だけを楽しむではなく、自分の勉強を進んでることも楽しめます。文法は細かいところが多いです。細かいところまでしっかりできたら、能力試験も受かると思っています。
焦らないで、自分のペースでやって行きたいと思います。