グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

オックスフォード・ブルックス大学
2016年12月号 国際学部  S.Y 

*治安・危険を感じたこと、トラブルについて*

前期の授業が終了し、冬休みに入りました。こちらに来てから今まで、私自身トラブルには遭遇していません。オックスフォードは学生の街と言われ、日々たくさんの学生で賑わっています。なので比較的安全だと思います。しかし、安全だとは言っても、日々自分の荷物に対しては注意が必要です。実際、私の友達やその友達などが被害にあったりしているのをたまに聞きます。

例えば、友達の友達は、カード情報を抜き取られていて、レジで支払おうとした時には、すでに全額引き落とされており、払えなかったということを聞きました。ATMは外側に取り付けられているものがほとんどなので、私は基本お金を引き出すときは大学にあるATMを使うようにしています。また、お店ではクレジットカードをよく使うので支払い時は気をつけるようにしています。これも友達の友達ですが、道中で刃物を突きつけられ、貴重品を取られたということも聞きました。

イギリスでは、一番短い時期では3時台に日が沈みます。暗くなるのが早いので絶対夜は一人で出歩いてはいけません。ルームメイトにもよくそう言われます。特に冬休みに入ると学生達は実家に帰って家族とクリスマスを過ごします。なので寮に住んでいる学生もほとんどが実家に帰ります。クリスマス前後はバスもなかなか来ません。なので日が暮れる前に買い物をすませるようにしています。

 

*イギリスのクリスマス*

上でも書いたように、学生は基本は家族とクリスマスを過ごします。他の留学生たちも自分の国に帰っている人が多いと思います。日本人の友達は、日本に帰った人もいますが、私の周りでは、ドイツなど、外国でクリスマスを過ごしている人が多いです。早く申し込めば、ホストファミリーと過ごすことも可能です。私もホームステイを申し込みたかったのですが、とても人気らしく、時期を逃してしまいました。

友達に聞いたところ、25日はスーパーも何もかも全部お店がしまるということだったので24日に全て買い物を済ませました。働いている人にも家族がおり、クリスマスは家族と過ごす。日本とは優先順位がまるで違うなと思いました。

だから、学生達はクリスマス前の授業が終わった頃に友達同士でクリスマスパーティをしていました。私もパーティに誘ってもらったので参加しました。各自自分のお酒やお菓子を持って行きます。私の参加したもののうちの一つはChristmas Sweaterを着てくるようにというのがあり、みんなかわいいニットなどを着ていました。一つそのようなものを持っていると便利かもしれません。

オックスフォードのcity centreでも小さいけれどクリスマスマーケットが開かれており、飲み物やお菓子、小物などが売られていました。街はそんなに派手ではないけれど、イルミネーションがあり、綺麗です。

パーティに着て行ったニット。

ロンドンのビンテージショップで購入しました。

クリスマスパーティ

シェアハウスをしている友達の家でしました。

賑やかでとても楽しかったです。

オックスフォードのクリスマスマーケット

city centreのイルミネーション