グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

オックスフォード・ブルックス大学
2020年3月号 国際学部 S.N

①この留学を振り返って

この留学を振り返って、今までに出会ったことのないような人達と沢山出会えたことが私にとって凄く大きかったです。色々な人と関わる中で、英語というコミュニケーションツールを通して、生まれた場所や育った場所の文化や価値観が違っても、相手を理解しようという気持ちがあれば分かり合えると実感しました。また、私の周りの学生には自分の夢や目標を持って日々行動している人が多く、刺激をもらいました。そして、多様な生き方や考え方を学ぶことができました。会話をする中で、そんな考え方もあったのだと視野が広がりました。仕事を辞めて大学院に通っている学生やインターンシップや留学を経験してから大学に通っている学生など、経歴や年齢が多様で、色々な生き方があるということを学びました。

勉強の面では、苦労した部分が多いです。もっと英語力を高めないといけないと気付くことができました。また、こちらの学生は自分の専攻を集中的に勉強しているという感じでしたが、交換留学生は色々な科目を取ることができました。それによって、幅広く学ぶことができましたし、自分の専攻科目以外の勉強をしている人にも出会うことができ、学ぶことが多かったです。例えば、私はビジネスや経済関係に全く疎かったのですが、そういった科目を取ったり、それを専攻している学生と仲良くなり、今までとは違った視点で物事を考えることができるようになったと思います。

生活面では、最初は日本との違いに驚くこともありましたが、1ヶ月後には慣れて快適に暮らすことができました。日本でやったことがないことにも沢山チャレンジできて、本当に良かったです。

 

②帰国後どう留学経験を生かす予定か

上記で、英語というコミュニケーションツールを通して、生まれた場所や育った場所の文化や価値観が違っても、相手を理解しようという気持ちがあれば分かり合えると実感したと書いたのですが、同時に、もっと英語を話せたら、より分かり合えるのにと思うこともありました。また、勉強の面でも、もっと英語を理解できたら、より深く学ぶことができるのにと感じることが多かったです。留学をして、以前よりもより英語力を上達させたいという気持ちが強くなりました。これからも勉強を続けていきます。コロナの影響で予定よりも早く帰国したということもあって、やり残したことが多くあります。そういった悔しさをバネにより勉強していきたいと思います。また、卒業論文を書く予定ですので、今回の経験を役立てていきたいです。

日々の生活の中でも留学した経験は役に立つと思います。私にとって、留学は大きな挑戦でした。それを無事に終えられたということで、新しい挑戦をすることはそんなに怖いことではないと思うことができました。今後も、新しいことにチャレンジしていきたいです。

3月のオックスフォードは沢山の花が咲き、とても綺麗でした。