グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東フィンランド大学
2014年1月号 国際文化学部 E.H

授業について

授業についてですが、秋セメスターの間に受けていた”Basic of Finnish Music Education”という授業を少し紹介していきたいと思います。この授業では、フィンランドの小学校ではどういった音楽の授業を行われているのか、また生徒に音楽を教えるためにはどうすればいいのかなどを考えていく授業です。私の時、受講者数は20人弱と少数で、国籍はスペイン、ポーランド、ドイツ、日本等でした。印象に残っているのは、グループを作って、実際に音楽の授業を進めるデモンストレーションをクラスに発表したことです。私はチェコ人の子と一緒に、折り紙でサンタクロースを作りながらチェコのクリスマスキャロルを聞かせるという授業を発表しました。また、授業が行われる教室には様々な楽器がおいてあり、みんなで楽器を使って演奏したりもでき、とても楽しい授業でした。

 

余暇の過ごし方

普段休日は近くの湖まで散歩したり、友達の家に遊びに行ったり、寒い時は家で本を読んだり音楽を聞いています。ここは日本と違いカラオケや大きいショッピングモールなどはないですが、その代わりゆったりと休日を楽しむことが出来ると思います。 冬休みは、クリスマスのため一時帰国しているスペイン人のルームメイトの家にお邪魔させてもらいました。滞在期間はたった一週間で、バレンシアとバルセロナにしか行ってないのですが、久しぶりに太陽の光を浴びてリフレッシュすることが出来ました。またルームメイトの両親にスペイン料理を振舞ってもらい、とても充実した旅行となりました。初めての一人旅でドキドキでしたが大きなトラブルもなく無事に帰ってこれたので良かったです。