グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

東フィンランド大学
2018年5月号 国際学部 K.A

この留学を振り返って

この9ヶ月は毎日が非日常で、とても刺激的な日々でした。初めは拙い英語での会話や、文化の違いからコミュニケーションをとることを難しく感じることもありましたが、慣れてくるにつれて、自分や日本での友達とは違った考え方を持っている海外の学生たちと話すことの楽しさを感じるようになりました。大学での勉強から学ぶ点はもちろん多かったですが、友達と一緒に過ごす時間や何気ない会話から学ぶものの方が非常に多かったです。フィンランドでできた友達全員がこの留学での一番の財産です。

 

帰国後どう留学経験を活かす予定か

この期間は、自分についてもう一度考え直すきっかけになりました。人から学ぶこと、様々なタイプ人と関わることの大切さを再確認すると同時に、自分の未熟さ、これからの課題等がしっかりと見えてきたような気がします。帰国後そういったものとどう向き合うか、どのような行動をとるかが大事だと思っています。

そして、間違いなく成長したといえる語学力についても、自分の英語力の未熟さですれ違いが生じたこともまだまだあったので、ここで満足せず、帰国後も英語を使う機会を積極的に作っていこうと思います。