グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

フォンティス応用科学大学
2019年6月号 国際学部 S.T

試験について

今期は、紙のテストは1つ、オーラルテストは2つ、プレゼンが1つありました。紙のテストは持ち込み禁止で、学生証とレジデンスパーミットが必要でした。持ってきていなかった人はオフィスまで行って手続きしないといけなかったので、気を付けたほうがいいと思います。1つ目のオーラルテストは、International economics and lawのテストで、今まで授業で習ったことから出されるので、復習が大変でした。暗記問題というより、こういう状況だったら自分はどうするか、ということを聞かれ、正解不正解ではなく、自分の考えが評価されたテストでした。もう1つのオーラルテストは、ミーティング(先生の前で1人でプレゼン)でした。最後のプレゼンは、グループで、グループによって日付を決めることができました。

 

ヨーロッパ旅行

10か国以上旅行しましたが、毎回気をつけていたからか、ほとんど危険な思いをすることはありませんでした。一番危険を感じたのはフランスのパリでした。友達のケータイが盗られたからです。その時は冬でジャケットを着ていたので、その中に鞄を隠しながら歩きました。国によって国民性の違いが見れて面白かったです。