グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2015年2月号 社会学部 A.A

①試験について

スウェーデンでの授業形式は他の国と違います。11月号の授業紹介でも話した通り、スェーデンは短期集中型の講座が多いので、試験も各授業が終わるころにあります。試験があるころには新しい授業が始まっていることが多いので、新しい授業に取り組みながらの試験対策となります。試験の形式は授業によって大きく異なりますが、私が履修している授業は最終課題がペーパーのことが多いです。他にも、筆記試験、プレゼンテーション、グループワークなどがあります。早めに計画して取り組んでいたらなんとかなります。

 

②旅行について

ヨーロッパで留学する利点はたくさんヨーロッパ内を旅行できるところです!旅行を重ねるうちにいろんな知識や知恵を身につけることが出来たように思います。ヨーロッパ内には安いフライトやホステルがたくさんあるので日本と比べると破格で旅行することができます。私は現在四年生なので、友達が卒業旅行としてヨーロッパに来ることがあり、現地で合流して一緒に旅行しました。他にも、スウェーデンで仲良くなった留学生との旅行や大学からのイベントでの旅行にも後期は参加する予定です。ただ、授業の合間での旅行なのでもし授業を欠席するとextra assignment が出されたりするので授業は出来るだけ休まない方がいいでしょう。休みを有効に使って旅行できるところがスウェーデン留学での利点だと思います。いろんな国を見ることでかなり視野が広がります。旅行中も現地の人の話を聞いてみることでかなり国への見方が変わってくるでしょう。

前期に一緒にリネウス大学で勉強したドイツ人の友人とニュルンベルクにて再会。右はケルン大聖堂。