グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2016年5月号 国際文化学部 T.S

①カルチャーショックについて

自分自身ショック言うほど驚くことは特になかったのですが、日本人の感覚や日本のカルチャーの面から見て違いが面白いと思ったことは幾つかあります。個人的に一番印象的だったのは、こちらの人が、たいていの場合ですが、友人に会った時と別れる時にハグをすることです。誰とでもというわけではないようですが、中の良い友達はもちろん留学生にも分け隔てなくハグしてきます。日本含むアジアの文化ではせいぜい握手くらいが普通なので、皆初めは戸惑っていたり、ぎこちない抱擁を交わしていましたが、しばらくすると皆慣れた様子でした。

②ストックホルムの魅力

先日、ストックホルムに二日間だけ観光しに行ってきました。かなり留学終盤での首都観光でしたが、時期的には完璧だったと思います。言わずと知れたスウェーデンの中心部、正直、人がたくさんいて騒がしいだけなのではないかとあまり期待はせず行きましたが、思っていた以上に良い街でした。時間がゆったり流れていて、何時間でも海を眺めながらぼーっとできる気がしました。特に旧市街のガムラスタンは、一本裏通りに入ると、中世のまま時が止まったような景色に圧倒され、非常に不思議な感覚でした。ストックホルム自体はそれほど広くなく、かなり歩き疲れましたが、二日で主要スポットは制覇できたので、日数的にはちょうど良かったと思います。スウェーデンにくる機会があればぜひ訪れてみることをおすすめします。