グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2018年3月号 国際学部 S.M

余暇の過ごし方

今回は、スウェーデンでの余暇の過ごし方について話をしたいと思います。授業の取り方にもよりますが、基本的には週末である金曜日、土曜日、日曜日は休みになります。ただ、土曜日と日曜日はお店自体も休みになったり、営業時間が短くなったりしていて、近くで一日中買い物をすることはなく、部屋にいる時間が多くなります。しかし休みが重なれば、都心や近くのヨーロッパの国々に小旅行をすることも出来ます。冬のスウェーデンは、寒く、暗くなるのがとても早いので外に出かけようという気にはあまりなりませんが、春が近づいてきて気温も暖かくなってくると旅行など、外に出かける機会も自然と多くなりそうです。

 

小さいことから

先日、たまたま大学の体育館に行くと、バスケットボールをしている人たちがいて、自分も混ぜてもらい、約半年以上ぶりにバスケットボールをしました。そこで、各国の人たちの性格の違いをバスケットボールを通して感じることができ、とても興味深い体験をしました。そこには、中国人、ドイツ人、そしてスウェーデン人がいました。中国人は比較的、個人技を魅せるプレーが多く、ドイツ人は堅実にスクリーンをかけたり慎重なプレーで、スウェーデン人は声を積極的にかけ、チーム全体の連携を図ったプレーをしようとするなど、それそれの国によってプレースタイルも異なり、純粋に久々のバスケットボールが楽しかったというのもありますが、身近なところでこのような違いを感じることが出来たことに、少しわくわくしました。