グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リネウス大学
2018年5月号 国際学部 S.M

カルチャーショックについて

今回は、スウェーデンで感じたカルチャーショックについての話をしたいと思います。私が感じた一番のカルチャーショックは、スウェーデンの極端な天気です。私がここスウェーデンに来たのは、8月の終わり頃でしたが、大体夜中の21時から22時頃まで日本の夕方並みに明るくて、とても驚いたことを今でもはっきり覚えています。逆に冬になると、15時頃にはもう夕方くらいに暗くなり、一年を通して日照時間の移り変わりにたびたび驚かされました。またこの経験から、太陽のありがたみや、晴れの日のすばらしさなど、ちょっとしたことを再認識することが出来ました。

 

遊園地の話

先週末、私が住んでいるこの小さな街ヴェクショーになんと移動式遊園地がやってきました。ジェットコースターのような大きなアトラクションはさすがにありませんでしたが、それでも十分に楽しめるほど、コーヒーカップ、お化け屋敷、出店など、とても充実した空間でした。この遊園地は本来、コペンハーゲンのチボリ公園というディズニーランドのモチーフとなった歴史ある遊園地が、期間限定で行っているイベントでした。冬も終わり、日々暖かくなるのを感じながら、このようにわいわいと楽しめる場所はとても懐かしくまた新鮮で楽しかったです。また機会があれば、ぜひコペンハーゲンにあるチボリ公園のほうにも遊びに行きたいです。