グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

リバプール・ジョン・ムアーズ大学
2013年4月号 国際文化学部 M.M

この1年を振り返って

この1年は、自分にとって初めてのことばかりで今までにない濃い1年だったと思います。しかし、あっという間に過ぎていきました。私はこの留学が初めての長期間の海外滞在で、初めての一人暮らしでした。私は、留学生活が始まる前は、留学をすれば英語能力が上がり、ある程度の英語が話せるようになると思っていました。しかし実際はそうではありませんでした。英語のスキルを上げるためには留学した中で、自分がどれだけ努力するかが大切でした。自分から話しかけてもらうのを待っていては、英語は話せないし、友達もできません。自分から行動し、英語を話す機会を作っていく、行動を移すことはとても重要でした。しかしそれは、自分だけの力ではできなかったことがほとんどです。周りの友達に助け、支えてもらったからできたことだと思います。この留学でイギリス人の友達はもちろん、他の国の友達、他の大学からの日本の友達、私は本当に周りの友達に恵まれていたなと思います。イギリスでかけがえのない友達に出会えて本当によかったです。

 

帰国後どう留学経験を生かす予定なのか

帰国後は3年生なので、就職活動が始まります。就活が始まるまで少し時間があるので、資格の勉強をしたり、TOEICなどの英語検定を受けたりして就活の準備をしようと思います。将来何になりたいか、この留学の間に決めようと思っていましたが、イギリス人の就活に対する考え方の違いなどを見て、決めることができませんでした。しかし、留学前から考えていた語学を使った関係の仕事がしたいなという考えは変わっていません。留学中に身についた行動力を活かして、留学後もいろいろなことに挑戦しようと思います。

 

最後に・・・ 留学前や留学途中で私はこの大学に留学して本当によかったのかな、このままでいいのかな、といろいろ悩みました。しかし1年が過ぎ、リバプールにかけがえのない仲間ができ、すごく楽しい時間を過ごせて、LJMUに留学できて本当によかったなと思っています。みんなに支えられて成し遂げられた留学なので、私の留学のために手伝ってくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。