グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

モスクワ大学
2014年8月号 政策学部 H.Y.

<余暇の過ごし方>  約2ヶ月間は休みなので、友人と色々な場所へ旅行してきました。モスクワに居る日本人留学生に人気の場所は、サンクトペテルブルクや黄金の環で知られているウラジーミル・スーズダリです。後、個人的にお勧めの場所は、カザンや黄金の環の中のヤロスラヴリやロストフ(ヴェリキー)です。ロシア国内の旅行は日本国内と比べて、とても安く旅行が出来ます。なぜなら社会主義時代の名残もあってか、運賃が非常に安く設定されているからです。また学生証があれば学生割引が使えるので、博物館の入場料や見学料は、半額以下や無料にまでなるからです。  夏はモスクワ各地で様々なイベントが催されています。私はアイスクリーム祭りやペイント祭りなどが印象に残ってます。ただし気温は30度近くになり、普通に暑いので、スーツケースに余裕があれば、夏用の服も持ってきた方が良いかもしれません。私はもう少し夏用の服を持って行っておけばと後悔しました。しかしながら冬は本当に寒いので、冬用の服をメインに持って行く方が良いです。  夏場は観光客の増加もあり、スリなどが多くなるので、貴重品の管理などはいつも以上に注意して下さい。特にサンクトペテルブルクは要注意です。知り合いの日本人留学生はサンクトペテルブルクの地下鉄内で財布を取られました。もちろん、返ってきません。 <各都市への行き方>  今回は観光で行くであろう都市の主な行き方について、書きたいと思います。Mと表記の駅は地下鉄です。  サンクトペテルブルク・・・・・・モスクワのMコムソモーリスカヤ駅へ地下鉄で行きます。そしてその駅のホームには、レニングラード駅やヤロスラヴリ駅方面と、カザン駅方面の案内があります。この2つは真逆にあるので、前者のレニングラード駅方面に向かって下さい。案内に従って歩くと地上へ出ます。ただ別の出口から出てしまうと別の場所に出るので、気を付けて下さい。またこの辺りはモスクワ随一の治安の悪い地域なので、注意して下さい。駅に入ると切符を買いますが、切符売り場は主に近距離用と中・遠距離用とに分かれます。サンクトペテルブルクは後者の遠距離用の売り場で購入します。切符をネットで購入する方法もありますが、現地購入の方が安い場合が多いです。ホームも近距離用と中・遠距離用に別れています。中・遠距離用のホームには、改札が無い場合が多いですが、車両ごとに乗務員さんが居るので、その人に切符とパスポート見せて乗ります。そのため、切符に書かれている号車番号や座席の場所をあらかじめ確認して下さい。ただし、稀にMクールスカヤ駅にあるクールスキー駅発着の便もあるので、切符購入後、発着場所を良く見て下さい。サンクトペテルブルクへは、特急列車(サプサン号)と夜行列車(豪華列車から一般寝台車まで)で行く事が出来ます。値段はサプサン号>寝台車1等>寝台車2等>寝台車3等>寝台座席車の順です。ただ時間帯や列車の種類(快適な寝台列車は高くなる。逆に古い車両は安くなる)で、値段は大幅に上下します。私が乗った最安の便は、モスクワ発サンクトペテルブルク着の便で、9時間半かかり、1300円ほどでした。