グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

セントラル・ランカシャー大学
2015年1月号 国際文化学部 M.K

① 日本から持ってきてよかった物

日本から持ってきてよかったと思うものは、変換プラグ、化粧品、充電池、筆記用具があげられます。ヨーロッパは国によってプラグの種類が違うので、どの国にも対応できる、組み立て式のものを少なくとも2つは持っておいたほうがよいと思います。また、メイク落としや化粧水は肌に合わなかったりするといけないのと、日本で使っていて気に入っているものがあったらそちらを使うことをお勧めします。こちらに来てからは、日常生活がほぼ英語で行われるようになり、以前より電子辞書を使う回数が多くなっています。そこで充電池を持っていれば、電池がなくなるたびにわざわざ買いに行かなくても済みますし、節約にもなります。またイギリスに来て思ったのですが、筆記用具は日本製のものが一番だと感じました。イギリスにも筆記用具は売っていますが、シャーペンは日本のように種類も豊富ではなく、ノートも日本のものより大きかったり小さかったりであまりぴったりのサイズのものがありません。ちなみにイギリス人の友達も、日本の筆記用具のクオリティーの高さに驚いていました。そしてこれはすべての人に当てはまることではありませんが、静電気がおこりやすいタイプの人は日本から布団セット一式を持ってくることをお勧めします。学校の近くのホームセンターでなんでも揃いますが、よく静電気が起こります。私は静電気がよく起こるタイプなので、日本から持ってきて正解だったと思いました。

② VISAについて

春休みが終わり、新学期になるとVISAの準備を始めるよう、指示されると思います。自分の国籍とは違う国へ半年以上の滞在をする場合、VISAを取らなければなりません。VISAには様々な種類があり、学生VISAだけで4種類あります。イギリスに留学するにはIELTSを受けなければなりませんが、その点数によって取得できるVISAの種類も異なってきます。すべての項目に置いて5.5以上あった場合は「Tier4 VISA」、1つでも5.5に満たない場合は「Extended Student Visitor Visa」(ESVV)になります。違いはTier4を持っていれば、学部の授業を受けることができ、またVISAの延長がイギリス国内でも可能です。ESVVの方は、残念ながら学部の方には入れず語学コースの受講を選択することになります。また、アルバイトもTier4の人はできますが、ESVVの人はできません。私はESVVですが、VISA取得の際、VISAセンターに提出する書類も毎年若干の変更があるのでこまめなチェックが必要です。私の時は前の年にはなかったツベルクリンの結果が必要でした。さらに、提出する書類全てが英語で書かれていなければならないので、翻訳会社に頼みました。重要な書類なので、自分で訳すのではなく会社に頼んだほうがVISAも通りやすいです。VISAセンターに行く際も事前予約が必要なのでホームページを見て予約を取る必要があります。VISAセンターは東京と大阪の2つです。情報集めの方法としては、VISAセンターや大使館に直接連絡して尋ねることはできないので、私はブログをいくつか見て、それを参考にさせてもらいました。

(年末年始にかけてロンドン、フランス、ドイツへ旅行に行きました)