グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

バレンシア大学
2014年1月号 経済学部 F.B

・日本から持ってきてよかった物

僕はなるべく身軽な状態でこちらに来たかったので、必要最低限の物だけ持ってきました。身の回りの物はこちらでも容易に買えますし日本より安価な値段で手に入る物もあります。辞書でさえこちらの本屋で手に入れることはできるので、さほどこだわりのない方は飛行機での重量制限もあることですし、なるべく無駄な物は持ってこないことをオススメします。ただ唯一持ってきた方が良かったなと思うものはやはり日本食です。以前にも書きましたが、僕の寮には食堂があるので毎日温かいご飯を食べることができます。しかしやはり母国の食事はたまに無性に食べたくなることがあります。インスタント味噌汁といった軽量かつ長期保存のきく物はあって無駄になることはないと思います。

 

・自由テーマ:バレンシアの気候について

バレンシアは本当に暖かく2月上旬の現在でも日中の気温は20°を超えています。日本は何十年に一度かの寒波に襲われているようですが、それが嘘のように毎日暖かいです。寮の中では半袖で過ごす人も多いほど快適な日々を送っています。今年の冬は京都のような厳しい寒さに凍えることなく過ごせそうです。気温のみならずここでは雨もほとんど降りません。降ったとしても傘を差す必要がないほど微量で、未だ傘自体こちらでは見たことがありません。しかし海沿いのせいか日本より風が強く感じます。国内の他の地域や国外にも行くと思いますので一通りの防寒具は必要かと思います。