グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

プエブラ栄誉州立自治大学
2018年8月号 経営学部 Y.Y

①オリエンテーションについて

オリエンテーションは8月3日にありました。私は授業の関係上、8月13日に到着したので、間に合いませんでした。事前にメールでBUAPの担当の方に知らせておいたので、着いた日の翌日にすぐに向かって、説明を聞くことが出来ました。そこではVISA手続きのために弁護士の連絡先を教えてもらいました。メキシコに入国する際に入国申請書の半券をもらいますが、必ず必要なので大切に保管しておいてください。BUAPは様々な場所に学部や事務所などがあるので事前に確認しておくことをお勧めします。

また、渡航前にBUAPの学生とコンタクトを取る機会を設けてもらえると思うので、その人たちとはしっかりとコミュニケーションを取るほうがいいです。彼らは必ず私たちの力になってくれます。

初めの2週間は授業の登録、VISAの手続き、学生証の発行といった手続きに追われることになると思います。慣れない環境のなかで憂鬱なときもありましたが、その時には必ず助けてくれる人が近くに居ました。メキシコの人々は自分から助けてくださいと丁寧に頼めば最後まで面倒を見てくれる、親切な人々が多いと感じます。しかし、あくまで外国なので、見ず知らずの人に物事を頼むときは学生や店の主人といった自分に危害を加えなさそうな人々を選ぶ必要があるので気を付けてください。

②Lobo Fest2018について

8月22日にBUAPに入学した新入生を対象とした歓迎会のようなものが開かれました。これは留学生も対象になっていたので、私も招待されました。朝の8時半に言語学部のキャンパスに集合してから、帽子とチケットとミサンガをもらい、バスでCCUという別のキャンパスに移動しました。そこにつくとBUAPの学生の集団が出来ていて、その数の多さに驚きました。

学生スタッフが学部ごとに先導してくれます。そこには簡単なアトラクションが置かれていて、体を軽く動かすことが出来ます。そのあとに1時からメキシコのバンドのコンサートが4時まであり、それを聴いていました。メキシコでは日本人が珍しいのか、写真を一緒に取ってくれないかと何度も言われました。

この時期のメキシコの気温は20度前後で、朝と夜は肌寒く、昼になると強烈な太陽光に晒されます。しかし、湿度が低いので影に入ればそれほど暑くなく、汗をかきにくいので日本よりも過ごしやすい気候です。Tシャツ一枚に体温調節するための羽織れるものがあれば、快適に過ごせると思います。

BUAPのマスコットです。

コンサートの様子です。