グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カルガリー大学
2015年9月号 文学部 R.M

1.オリエンテーションについて

今年のオリエンテーションは、9月1日(火)~ 9月4日(金)に、留学生向けのオリエンテーションは8月31日(月)にありました。(オリエンテーションは事前にインターネットでの登録が必要で、登録すると右下の写真のように自分専用のオリエンテーション日程表が作られます。)留学生向けオリエンテーションについては、以前にこの大学に留学された方々が詳しく書かれておりますので、そちらのマンスリーレポートをご参照ください。9月1日~9月4日に行われたオリエンテーションウィークでは、入学式や、学部や学科・専攻ごとの説明会などがあります。また、各専攻(言語学専攻、英文学専攻など)に分かれ、先生方のお話や授業内容を聞く機会も設けられており、参加できてよかったと感じています。ちなみに、この専攻ごとの説明会はオリエンテーション2日目Faculty Orientationの時間に行われました。これから留学される皆さんも、もし自分の専攻や、この大学で勉強したい分野があるなら参加してみることをお勧めします。ただ、このオリエンテーションウィークは、どちらかというと新入生向けのもので、オリエンテーション後半、私はあまり参加する気にならなかったので、オリエンテーションには参加せず。その期間に日用品やテキストを購入したり、学校の周りを散歩してみたり、自室で読書をしてのんびりと過ごしていました。

 

2.授業紹介 CHIN 331

私が授業を選択する際に、この大学に留学された方々の授業紹介が非常に参考になりましたので、私も自分が受講している授業をできるだけ紹介していこうと考えています。

CHIN 331の授業は Intermediate Chinese 1 のクラスになります。このクラスは月、水、金曜日の11:00~11:50に開講されています。担当教授の方は、以前日本に留学された経験のある中国の方で、クラスは15人ほどの小規模のクラスです。成績配分は1. Written Work (20%), 2. Oral Work (20%) 3. Tests and Quizzes (50%) 4. In-class Activity (10%) となっております。この授業ではfinal examはありませんが、各レッスンが終わるごとにテストがありますので、mid-term examが5回あるといった感じでしょうか。 授業は教科書をベースに進み、単語・文法・リーディング・リスニング・スピーキングを総合的に学んでいきます。私は海外で学ぶ外国語の授業と日本で受けてきた英語の授業がどう違うのか興味がありましたが、実際に受けてみて、(もちろん担当教授や選択した言語、レベルによって違いはあると思いますが、)全体的にあまり変わらないなという印象を受けました。

※中国語を受講する場合、事前にテストの申し込みとライティング・スピーキングテストを受けなければならず、私はこちらに来てからそのテストを受け、今の授業を受講することができました。詳しくはこちらのホームページに書いてあります。[http://llc.ucalgary.ca/undergraduate/chinese]