グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カリフォルニア州立大学 ノースリッジ校
2013年10月号 文学部 S.S

・授業紹介

私はこのセメスターは4つのクラスを取っています。Music Todayという現代音楽のクラスと、Asian American Studies(AAS)というAsian Americanが辿ってきた歴史やアイデンティティなどについて学ぶクラスと、French101とJapanese101の2つの語学のクラスです。

フランス語は、日本にいるときに第二外国語として履修しており留学している間も続けたいと思っていたので取りました。しかし、英語で外国語を学ぶことは想像以上に難しく、理解できないことや難しいことも何度かあります。そんな私とは対照的に現地の学生は、飲み込みが早くて驚きました。特に、イタリア語やスペイン語を話す人たちは、同じロマンス語系の言語ということもあり上達がとても早いです。毎回、クラスのみんなに遅れないように必死ですが、文法・会話・読み書きのどこに重点を置いているのかなど日本で取っていたクラスとの違いが分かったりして、とても面白いです。

日本語のクラスは、先生のTA(Teaching Assistant)として受けています。主に、発音のお手本をしたり、宿題の採点をしたり、授業中に見回りをしたりしています。私は初級のクラスのTAをしています。初めて日本語を習う学生ばかりですが、中には日本のマンガやアニメが好きでそこから日本語を覚えた人や、漢字が好きで独学で勉強した人もいて、日本語や日本の文化に興味を持ってもらえることがとても嬉しいです。理解してもらえるように教えるのは大変ですが、みんな日本語や日本に興味を持って熱心に勉強しているので、私ももっともっと頑張ろうと思えます。

こちらの大学のクラスは日本とは違って、どのクラスも30人前後の少人数です。その分、先生と生徒の距離が近く、みんな積極的に授業に参加しています。

授業の時間は、日本の大学のように1時間目は〇時〇分~〇時〇分までとは決まってなく、長さもクラスごとに異なります。例えば私のクラスは、語学のクラスが100分で週に2回あり、MusicとAASが75分で週に2回あります。他にも週に1回3時間のクラスなどもあります。

 

・授業以外の活動について

私はJapanese Student Association(JSA)というグループに所属しています。JSAは、CSUNに留学している日本人学生や日本に興味を持っている現地の学生が所属しています。主な活動として毎週木曜日に集まってみんなで勉強をしたりお喋りをしたりしています。日本人学生は日本語を教え、現地の学生は英語を教えてくれます。この勉強会の他にも週末にパーティーをしたり、みんなでたこ焼きを作ったり、これからスキーに行く計画もあったりと様々なイベントがあります。またJSAはCSUNだけではなく、UCLAやCSULB、UCIなど他の大学にもあるので、他大学の人たちとも交流することができます。

他大学も含めた大きなイベントとして、先日、ハロウィンパーティーがありました。このパーティーにはCSUNも含めて5つの大学から300人近くの学生が集まりました。私はアメリカでハロウィンを経験することを楽しみにしていたので、仮装をしたり大きなパーティーに参加することができ、とてもいい思い出になりました。

JSAでは、日本人だから…と気兼ねすることなく日本から来た他の留学生とも現地の学生とも交流することができます。共に語学を学びながら、お互いの国の文化についても学ぶことができます。日本語のクラスのT.AやJSAの活動を通して、自分の国の文化に興味を持ち熱心に学んでいる人たちがたくさんいることを知り、私もアメリカだけではなく世界中の様々な国や地域の文化にたくさん触れていきたいと思いました。