グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

クワントレン・ポリテクニック大学
2012年11月号 国際文化学部K.M

●試験について

僕のクラスでは、大きなテストは1セメスターに二回あります。Mid-term とfinal examの二回です。また、テストはその2回だけではなく、quizとよばれる小テストも何度かあります。リーディング・ライティングのクラスでは、パラグラフを授業で教わった様に書いていくという小テストや、英文を読み、その文を自分の言葉で言い直していくようなテストもあります。リスニング・スピーキングのクラスでは、リスニングテストはもちろん、単語テストやディスカッションのテスト等もあります。Final examは、成績の30%を占めるので、重要なテストになると思います。クラスをパスするには、全体で68点以上を取ればパスできるようです。

 

●治安、危険を感じたこと、トラブルについて

バンクーバーの治安はとてもいいと思います。バスに財布を忘れていた人がいたようで、その人が降りた時にわざわざバスを降りて渡しに行く人がいたり、道を訪ねたら車で送っていってくれる人がいたり、バンクーバーの人々は親切なように感じます。でも、治安はいいといっても悪い人はどこにでもいるので、気をつけた方がいいと思います。スカイトレインの最終便を逃しても、ナイトバスというのがバンクーバーでは走っているので、バンクーバー内なら家の少し近くまでは行けるのではとてもいいと思います。

 

自由テーマ:Japan Clubについて

クワントレンにはJapan Clubというクラブがあります。Japan Clubには日本に興味を持った学生が集まっています。リッチモンドキャンパスでは毎週水曜日の2時半から4時頃まで、サレーキャンパスでは木曜日にミーティングがあり、そこで日本の文化などについて話し合います。ここでは、日本の外から日本を見ることができ、日本人からしても新しい発見があります。また、カナダの文化もそこで学べるので、一石二鳥です。ネイティブの人も多く参加しているので、ネイティブの友達も作ることができます。年末には日本でやるような忘年会をやろうという案もでていて、Japan Clubで色々なイベントをするのも楽しいところです。