グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

クワントレン・ポリテクニック大学
2014年12月号 文学部 A.N


①治安、危険を感じたこと、トラブルについて。

私はバンクーバーのサレーという街に住んでいますが、今までトラブルに巻き込まれたことはありません。ですが、サレーは地元の人が認めるほど治安が良くない地域であります。サレーでも北の方はもともと昔から治安のよくない地域のようです。南の方は比較的治安のよい方だったのですが、最近悪くなったようです。殺人事件や女の子が襲われたといったような話も聞いたことがあります。私の友達がバッグを盗られて怪我をした話も聞きました。大学のある72Avenueあたりは大丈夫ですが、85Avenueあたりから100Avenueあたりにかけては危険な区域になるので、外出する際は大通りを通って出かけるほうが良いと思います。夏の間は暗くなるのが遅いですが、今の時期になると16時ごろでも暗いです。特に雨の日は一日を通して明るくならないです。夜に一人で出歩くのは危険だと思うので、帰宅が遅くなる場合は必ずバスやタクシーに乗って家に帰ることをおすすめします。またスカイトレインはどの駅も無人駅なので周辺は治安が悪いです。サレーにはKing George駅とSurrey Central駅がありますが、できるならSurrey Central駅を利用する方が良いと思います。一人で電車に乗るときは寝ないようにした方がよいです。治安に対して色々と書きましたが、基本的に昼間なら大丈夫だと思います。ですが、用心することに越したことはないので、気を緩めすぎないようにした方が良いと思います。

②授業について

私の受けている授業に関して少し紹介したいと思います。私はアメリカの歴史と言語学の授業を受けています。2つとも少人数のクラスでだいたい20人くらいのクラスです。アメリカの歴史の授業では毎週教科書を読むのが宿題になります。それだけでいいのかと思うかもしれませんが、教科書の単語は難しいですし、読まなければいけないページもけっこうあるので時間がかかります。初めのころはかなり苦戦しましたが、だんだん慣れてくるとスピードもついてリーディング力の向上にもつながります。数週間ごとに教科書と授業内容に関する小テストがあります。このテストは教科書の内容をきちんと理解し、覚えていないとよい点数を取ることができないので、何度も教科書を読むことが必要です。言語学の授業の方は宿題は様々です。プリントを渡されて問題を解くようなものもあれば、ミニエッセイが出される時もあります。宿題はそれほど難しいものはありませんが、小テストは授業内容を理解していないと解けない問題が多いので、授業には必ず出席し、自分で予習復習を進めていかなくてはなりません。これはどの授業に関しても言えることだと思います。日本の大学の授業のように、期末考査前だけ集中的に勉強してもおそらく良い点数はとれないと思います。授業参加も大きなポイントとなります。授業内で発言するためには、課題をこなすだけでは不十分だと思うので、自分から進んで学習することが必要だと思います。