グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

クワントレン・ポリテクニック大学
2016年2月号 国際文化学部 Y.L

余暇の過ごし方について

カナダで観光やショッピングなど以外に、ボランティア活動はとてもいい余暇の過ごし方と思います。先週、私の言語学授業の先生が主催された’Languages and Cultures’というイベントでボランティアとして出席させていただきました。このイベントは現在カナダで使われていて、英語以外の言語、例えば、フィリピン語、広東語、カナダの原住民の言語などのことをプレゼンテーションするものでした。各グループの講演者達に素晴らしいスピーチをいただきました。私達ボランティアとして、図書館でかけてあるポスターを下ろしたり、荷物を運んだり、会場を飾ったりして、忙しかったけど、楽しかったです。この作業の過程の中で、カナダの現地の学生と英語で交流していて、楽しい会話もできたし、英会話の練習も自然にできました。

クワントレンで時々国際学生に向かっていろいろなイベントを行います。イベントの情報はhttp://www.kpu.ca/international/events このリンクでチェックしたらすぐ一目瞭然になると思います。カナダでイベントを参加したかったら、事前申し込みが必要です。申し込みはオンラインもできるし、学校のinternational students service center(サレーとリッチモンドキャンパスにもあります)でもできるものです。申し込みには締切日があるので、イベントに興味がある人がそれを注意した方がいいと思います。

②自由テーマ

カナダでの暮らしはもう半年間ぐらい過ごしました。今までのここのライフスタイルには一番深く感じられているのは自由と楽ということだと考えています。日本の社会では礼儀とルールがとても重視されているものだと思います。それに対して、カナダでも礼儀とルールが大事なものだけど、時々、マナーが少し緩かったりしても周りの人も納得していると思われます。逆に、ここで、もし礼儀を一々にちゃんとしたら、変な人だと思われるかもしれないと言われたことがあります。カナダで、個人的な気持ちや行為の自由はリスペクトされているのだと気がしています。もちろん、その前提としては、私達自身は別の人達のことをリスペクトするものです。これは元々人間関係を上手くするための基本的なルールだけど、カナダでこのようなことは一番大事なことようだと思うようになりました。