グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ランガラカレッジ
2016年12月号 国際学部 S.B

試験について

試験は、授業の最終日に行われます。

形式としては、普段のassignmentとほとんど同じですが、どのようなテーマかは

当日まで分かりません。テスト対策としては、リーディングとリスニングは、今までの宿題やassignmentを見直し、自分がよく間違えた形式の問題の復習をするとよいと思います。ライティングに関しても、今までの先生からのfeedbackを見直すとよいと思います。テスト当日、リーディングとリスニングを終え、ライティングに入る前に休憩があるのですが、その時間にクラスメイトとテストの内容について

ディスカッションをすることを心掛けてみてください。このあとのライティングは、リーディング・リスニングの内容を含んでパラグラフを書くことになるので、役に立つと思います。

テストで70パーセント以上取ることに加え、出席・宿題・assignment・プレゼンテーションなどすべての総合点で70パーセント取ることで、次のレベルに進むことができます。成績結果は、テスト当日の午後に先生からメールで送られてきます。

 

 

現地の学生・友人について

私は、LEAPのクラスを通してすごく仲のよい友人が

できました。最初の方は、クラスの中や学校のカフェテリアで

お昼ご飯を食べるくらいでしたが、時間が経つにつれ

週末一緒に遊んだり、ご飯に行ったり、放課後勉強したり。

英語が流暢でなくても、文化や習慣が違っていても

全く気にならないくらい、楽しい時間を過ごすことができています。

そして、国籍が違うことに加えて、すごく歳が離れているクラスメイトとも

すごく自然に仲良くなれたことは、私にとって新鮮でした。

日本の学校ではなかなか、そういう機会がないので、面白いなあと思います。

日本に帰っても、大切にしたいなと思える人たちに出会えたことは

留学で得た幸せの一つです。