グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ランガラカレッジ
2014年10月号 国際文化学部 S.K

環境について
ランガラカレッジはバスやスカイトレインで通うことができ、放課後も交通機関を使ってダウンタウンなどいろいろなところに出かけることが出来るので便利な場所に位置しています。International studentsのためのワークショップやイベントも開催されるので、友達を作りやすいです。
また学校には大きな図書館があり、そこではパソコンを使うことができ、コピーやプリントも簡単にできます。クラスメイトとのグループワークができるような大きい机も設置してあります。図書館以外にも、カフェテリアやスターバックスの前にもベンチや机があるので、勉強する環境が整っていると思います。バンクーバーでは、ダウンタウンに行けば日本食レストランが沢山あり、他にも韓国料理や中華料理などいろいろなお店があります。日本のお菓子や飲み物が買えるお店もあるのでとても便利です。歩いていても英語ばかり聞こえてくるわけではなく、様々な言語が聞こえてきます。海外なのに日本語も頻繁に聞こえてくるので、最初は少し違和感がありました。

日本から持ってきて良かったもの
わたしが日本から持ってきて良かったと思うものはヒートテックです。バンクーバーはもうこの時期雨季に突入しているので気温が10度を超えていても体感温度はそれよりも低くなるので、防寒対策が必要です。バンクーバーに売っている服は日本のものより値段が高く、でも生地は薄いものが多いので、あまり寒さに慣れていない日本人にとってはどちらかといえば不向きだと思います。そして、バンクーバーにはユニクロがなくヒートテックのようなものが売っているところも私は見たことがないので、日本から沢山持ってきて良かったと思っています。冬服はかさばるので、あまり沢山持ってくることはできませんがヒートテックはあまり場所を取らないので、日本から準備できる防寒対策として最適だと思います。