グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

ランガラカレッジ
2015年2月号 国際文化学部 S.K

この留学を振り返って
この6か月間の留学は考えていたよりもあっという間でした。自分の中ではまだ2か月ほどしか経っていないような気分です。バンクーバーに来て日本とは全く違う事ばかりで、毎日様々なことを吸収しながら生活してきました。この半年間で自分自身成長したと思えることも沢山ありますが、もっとたくさんの事を経験したかったなという気持ちもあります。しかし日本では考えられなかった程の勉強量を毎日こなし、英語力は日本に居た時よりも少しは成長できたと思いますし、勉強をしつつも沢山友達もでき、遊びに行くことも多かったのでとても充実した時間を過ごせたなと思います。中でも日本語のワークショップでは、自分が教える立場の人間になってみるという貴重な経験ができ、授業内容など悩んだことも沢山ありましたがそれ以上に得られたことが沢山ありました。そしてこの留学で一番成長できたと思う部分が行動力です。こちらでは受け身の体制では何も始まらないので自分から行動する大切さや自分の意見を発言する大切さを学びました。この留学の選考が始まったときは、正直留学できたらラッキーだなという程度にしか考えていませんでしたが、半年間を終えて人生の中で1度きりの素晴らしい経験ができ、本当にこの貴重な経験が出来てよかったと感じています。

帰国後どう留学経験を活かすつもりか
帰国後は3回生になるので就職のことも視野に入れていかなければいけない時期だと思います。留学で学んだことを就職活動に活かせる部分もあると思うので、しっかり分析して準備していきたいなと思います。さらに留学することによって日本の良さが実感できたので、そういった日本の良さを伝えられるようなボランティア活動などができたらいいなと考えています。日本に居る留学生のサポートや、日本ではホストファミリーが不足しているということなので、留学生の受け入れなどもしていきたいなと思います。