グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2014年12月号 社会学部 J.K

《日本からもってきてよかったもの》  何か日本らしいもの、または日本語がかいてあるものを持っていると現地の方との会話を弾ませるきっかけにもなります。また、デジカメや携帯でもいいので日本でとった写真があるのもいいと思います。医薬品などもよく使うものがあれば持参するほうがいいです。友人は現地で購入した化粧落としを使用して目が腫れていました。あと本当に便利で愛用しているのが日本の100均で購入したライスクッカーです!寮の電子レンジで簡単に調理できます。ただ、アジアンマーケットなどで日本米を調達できますが、ふりかけやお茶漬けのもとなどごはんのお供にするものは日本から送ってもらっています。あと、不思議なことにシャーペンです。アメリカの方に限らずその他の国の人たちはあまりシャーペンを使いません。ボールペンが主流で見かけても鉛筆を使用しています。シャーペンは売っているのですが、日本ほど書き心地にこだわったものはない気がするのでもし気になるなら使い慣れているものがあったほうがいいと思います。同じく消しゴムも必要かと思います。売っていますが消しやすさは微妙です。 《現地で購入した便利なもの》 逆に現地で買ったものはコンロ、フライパンやケトルなどです。カフェテリアの食事も毎日はつらいので自分でいろいろつくるために購入しました。ただひとつ問題なのは換気扇がバスルームにしかないということです…。なにか作ったときににおいが結構残ってしまうのがどうしようもないことです。コンロやフライパンなどの購入は留学生の中でもごくまれなケースなので本当に必要だと思ったら購入することをすすめます。あとサンダルまたはスリッパも必要です。土足で部屋に入る国なので室内での行動は靴よりも動きやすいサンダルやスリッパをはくことをオススメします。