グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2015年2月号 国際文化学部 I.H

1. 余暇の過ごし方

Spring Semesterが始まってから、時間に余裕ができました。課題やテスト勉強で忙しい時もありますが、毎週ではありません。平日は授業の合間にジム、放課後はプールに行くという生活を送っています。週末は友達とご飯を食べに行ったり、留学生のためのイベントに参加したり、部屋でDVDを観たりして過ごしています。2月は、雪のため2日間休校になり急に暇になったのですが、友達がそりすべりに連れて行ってくれたり、ルームメイトと映画鑑賞したりして楽しく過ごせました。

 

2.Spring Semester

PSC 120- アメリカの政治を学びます。専門用語がずらりと並ぶテキストを30~50ページ読む必要があり、正直一番大変な授業です。クイズも2週間に1回行われます。

SOC 110- 社会学入門です。授業はディスカッションやディベートなど、自分の意見を発表する機会が多々あり、それだけで75分が過ぎてしまったこともありました。うまく話せずもどかしい思いをすることもありますが黙っていると、その場にいないとみなされてしまいます。アメリカの学生はとても積極的だと思います。

ENG 80- 一定のスコアに満たなかった学生向けのライティングの授業です。正直なところ秋学期に受けていたESLのCompositionよりも簡単で、101のための試験を受けなかったことを後悔しています。

MATH 20- 日本でいう小学校高学年レベルからスタートします。私は数学がとても苦手でしたが、将来のことを見据えて受講しています。分からない用語も多々あり、辞書が手放せません。