グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2016年12月号 国際学部 S.H

日本から持ってきてよかった物について

まずは日本食です。僕が持ってきたのはレンジで温めるだけのご飯とお湯を注ぐだけで飲める味噌汁、ふりかけ、そしてカップラーメンです。留学前、大学の周りはレストランなどがなくて日本食もあまり食べられないと聞いていたのでもってきました。日本食レストランはありますが行くのに時間がかかるのと、味が本当の日本食とは少し違います。そして僕はアメリカにきて、1週間ほどでカフェテリアの食事に飽きてしまいました。ハンバーガーやピザなどの油っこいものは毎日カフェテリアで食べられますが留学前からあまりこういった食べ物を食べていなかった僕には辛いので、よく友達と部屋に集まって持ってきた食べ物で日本食パーティーを開催しています。特に味噌汁はリラックスしたい時によく飲んでいます。

次に文房具です。もちろんこちらでも買えますが日本のものと比べると品質は劣ります。授業中は基本的にボールペンでノートをとっている人が多いです。僕も授業中はボールペンですがそれ以外は使い慣れたシャープペンシルを使っています。消しゴムも日本の方が消しやすくていいです。

留学生同士のつながり

12月入ってすぐにテストがありそれを終えると1か月間の冬休みに入ります。僕はもう半セメスター残っていますが留学生の半分はそれぞれの国に帰ってしまい、とても寂しい気持ちになりました。旅行に行ったり留学生同士とても仲良くなることができました。留学中の悩み事など留学生として同じ立場なので相談しやすく共感することも多く辛い時でもお互いに励ましたりしています。留学生は様々な国や地域から来ているのでそれぞれの文化の話が聞けてお互いの共通点や相違点が見つかりとてもおもしろいです。留学は個人の頑張りももちろん大切ですが、異なった文化や環境で生活していくには人と人との助け合いやつながりが大切だと思いました。