Center for the Promotion of Global Education

グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

南ミズーリ州立大学
2019年2月号 国際学部S.K

余暇の過ごし方

今学期の私の授業スケジュールは、平日の月水金は、午前中で授業が終わります。お昼ご飯を友達と食べた後は、宿題をするかそのまま友達と喋っています。また、私はダンスクラブに所属しているので、月水金は5時半から2時間程ダンスをしています。その後は、大体勉強やプレゼンテーションの準備をするか友達と過ごすかの2択です。

金曜日は、私の仲の良い友達がパーティー好きで、時々皆でクラブに行きます。日本では、パーティー、クラブに行ったことがなかったのですが、個人的にダンスが好きなので、いつも楽しんでいます。

また、MSSUでは大学主催の様々なスポーツができます。友達同士でチームを作って前期ではバレーボール、今期ではウィッフルボールをしています。優勝したチームはTシャツが貰えます。勉強だけでなく、毎日何かとすることが多いです。私は、ダンスやバレーを通して沢山の友達ができました。遊んでいると思われるかもしれませんが、私にとってこの時間も、英語力を伸ばすいい機会です。一人の時間も好きですが、友達と過ごすことで、様々な発見、異文化に触れられます。出来るだけ友達と過ごすようにしています。

 

半年を振り返って感じること

アメリカに来てから半年以上が経ちました。

初めは、本当にすることもなく暇だなと感じる時間が多かったです。特に現地の友達を作るのが、難しいと感じる時期もありました。今では、基本的なルーティンが決まってきて、大好きな友達もできました。何でも相談できる親友と呼べる存在もできました。

また、私が帰国したら、就職活動が始まります。将来のことについても考えることが多くなりました。というよりかは、考えるようにしています。私の友達は、楽しい話題だけでなく、真面目な話や彼らの思い描くビジネスなども話しています。アメリカにきて色んな国の人の考えを聞き、沢山刺激を受けて、今までどれだけ狭い世界で生きてきたか痛感させられます。

 

英語力について

個人的にまだまだと感じることもありますが、リスニング力は、向上していると思います。日常生活では、初めて聞く単語を耳にしたら即、携帯にメモして保存しています。友達に意味を聞き英語で理解してから調べることもあります。語彙力はこれでかなり増加したと思います。しかし、自分のスピーキング能力にはまだまだ自信がありません。日常会話は難無く出来るようにはなっていますが、苦手意識があります。だからこそ、恥は捨てて、自分の発音を聞き取ってもらえなくても、2回3回理解してくれるまで言います。そしたら、みんな正確な発音を教えてくれます。

授業でグループワークがある際には、一言でも何か発言することが私の密かな目標です。自分が黙っていても、他のメンバーだけでどんどん進みます。留学生だからとか関係ないのです。自分から発言すれば、現地の学生も聞いてくれます。

時々、自分は本当に成長しているのかと焦りを感じたりもしますが、今の環境を当たり前だと思わず、帰国まで1日1日大切に過ごしていきます。