グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

マードック大学
2019年11月号 国際学部 I.K

①この留学を振り返って

 この10カ月は本当にあっという間で、パースに着いた日のことを昨日のことのように思い出します。セメスター1は慣れない学校生活にあたふたしつつ、全てが新鮮で全く違う海外生活に毎日うきうきしていました。セメスター2では、現地での生活に慣れてきて、もっと色んなことに挑戦したり、チャンスを作って自分でそこに飛び込んだりと、セメスター1よりもっと自分らしく充実した毎日を送れました。自分が予想していたよりも何倍も大変だった現地の授業や課題では、自分が出来ることは精一杯やろうと、わからないことや相談があれば先生と直接話したりメールしたりし、現地の友達に助けてもらったりしながらなんとか乗り切りました。特に今、試験期間中なので今までの総復習をしているのですが、勉強すればするほど、理解が深まれば深まるほど、どの教科も本当に面白くてとても楽しいです。今更って感じですが。ここに来て10カ月で、本当に色んな人と出会いました。中には一生涯の友人になるような人もいるし、自分にプラスの刺激を与えてくれます。典型的日本人の私とは全く考えが異なることもあるので、困惑することもたまにありましたが、外国人ならではのラフさというか、特にオーストラリア人の陽気さは、私に足りないなあ、という感じで本当に好きです。全く違った視点から物事を見ていたりするので、話していて本当に面白いです。自分自身の内面に関しては、ありきたりで申し訳ないのですが、前の自分より外交的になれたし、日本人が苦手とする、思ったことを口に出すことも前より臆さず出来るようになりました。また、日本を離れて生活するところで、日本や日本人の良い所もたくさん発見できたし、日本人であることはやっぱり私の誇りだなと改めて感じました。なので、良い影響だけ吸収して、自分の芯はあまり変わらなかったかなあという感じです。本当に今一番声を大にして言えるのは、10カ月じゃ足りないな~ということです。

 

②帰国後どう留学経験を活かす予定か

 留学前は自分が将来やりたいことがかなりはっきりしていたのですが、こっちに来て色んなことを経験するうちに自分は本当に何がしたいのかわからなくなってしまいました。いくつか候補はあるのですが絞り切れずにいる状態です。自分の長所と短所を新たに発見できたことはとても大きかったと思うのですが、肝心の将来のヴィジョンがな~という感じです。なので自分の興味のある職種に関する情報収集や企業説明会などを積極的に参加したいと思います。また自分の英語力も持続させたいし、色んな国の人と関われるかなと思うので、海外でインターンシップをしたいと思っています。何でもやってみることに意味があると思うので、色々挑戦したいです。また、マードックで得た知識や経験を自分のゼミの研究に活かしたり、もし授業で参照できるようなものがあればぜひ活用したいと思っています。また、これからマードックに留学したいと考えている人がいれば、自分が見たり聞いたり感じた事を教えてあげたいです。留学において出発前の不安や疑問はつきものなので、できるだけサポートしたいなと思います。