グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

アサンプション大学
2015年10月号 国際文化学部 Y.A

1.授業紹介

・ABACでは、授業は1教科3時間が基本です。90分ずつ半分に分けて週2で行う授業もあれば、1日にぶっ通しで3時間行う授業もあります。(その場合、間に15分の休憩があります) 私たち交換留学生は、それぞれ所属する学部が異なりますが、学部に関係なくほとんどすべての科目から好きな授業を選べます。ABACには看護学部やパイロット・CA育成の学部もありますが、それらの学部の授業が受けれるかは残念ながら定かではありません。私は、今学期4教科受講していて、内容は語学系×3、タイ教科×1です。タイ訛りで話す先生が多いことと、授業に慣れるために最初のセメスターではあまり重い教科を取りませんでしたが、次のセメスターでは専門教科を中心に受講する予定です。教科数はあまり多くありませんが、1教科の授業時間が長いので、履修を決める際はよく考えて決めた方が良いです。受講する教科や個人の考え方にもよりますが、私は4~5教科がベストだと思います。授業では、グループワークやプレゼンテーション(個人含む)が必須です。日本では授業内でプレゼンを行うことは稀なので、最初は緊張しますが毎月毎月プレゼンをしていると慣れてしまうので大丈夫です。また、授業の課題としてDIYをしたり、街に出かけて調査をしたりすることもあります。日本とは全く違う授業スタイルなので、どの授業を受講してもいろんな経験ができる機会がたくさんあると思います。タイ訛りの英語を話す先生の授業は100%理解することは難しいですが、タイ人はみなとても優しく、手助けをしてくれる友達は絶対いるので安心して大丈夫だと思います。

 

2.ビザの延長手続きについて

・10月22日にビザの延長手続きに行ってきたので一連の流れを紹介します。ABACはinternationalな大学なのでビザの手続きをする学生が多く、学校単位で手続きの補助をしてくれます。バンコクにあるimmigrant officeに申請に行く日までに、大学のビザ窓口にいき必要書類を記入して、いつ申請に行くのか日程を教えられます。Immigrant officeに行く手段は、個人か学校からのバンでみんなで一緒に行くか選べますが、初めてだったのでバンで行ってきました。当日は、9:00に集合でしたが、出発までの手続きにとても時間がかかり(約50人を1人のスタッフで対応していましたので。。。) 結局学校を出たのは10:30頃だったと思います。バンコクのofficeまでは車で40分くらいで、郊外なので道もややこしくて個人で行くのは少し大変かと思います。Officeに着いたら整理券が配られ、その番号順に手続きを行います。Officeには学校のスタッフの方がついて来てくださり、1人ずつ教えてくれるので安心です。Officeでは、手続きに必要な1900Bを支払い顔写真を撮って1枚の紙を受け取るだけなのですが、なにしろ人数が多く尚且つ私たち以外にも一般の方もいるのでとても時間がかかります。加えて、12時~13時はランチタイムでofficeも一旦閉まるのでさらに時間がかかります。そして、バンで来ているので自分が早く終わってもみんなを待って一緒に帰らなければなりません。最初に終わった半分くらいの人たちは、先にバン2台で帰りましたが、私たちは整理券番号が最後だったので結局学校に戻ったのが16時くらいでした。早く帰りたければ早い順の整理番号を受け取る方が良いです。このようにあまりスムーズに終わらせることはできませんが、手続き自体はそんなに複雑ではないですし、学校のスタッフの方も一緒に来てくださるので安心して行えました。(写真は延長手続き待機中に突然降り出したスコールの様子です。1時間後にやみました。)