グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

カトリック大学校
2017年7月号 経営学部 M.M

日本から持ってきてよかった物

私が生活している上で特に持ってきてよかったと思うものは、インスタントのお味噌汁やカップラーメン、グラノーラ、生理用品、変圧器、薬です。特に私は留学生活を送る中で日本のお味噌汁が無性に飲みたくなる時があるので、インスタントのお味噌汁は重宝しています。また女性であれば生理用品、そして日本の薬は持って行くべきだと思います。どちらも韓国でも購入できますが、特に薬は韓国のものは効果がきついとよく耳にします。健康は留学生活でも最も大切なことなので、日本人の体に合った日本製の薬を常備することをお勧めします。日本のお菓子も外国人に配ると喜ばれるので、少し用意していくと良いかと思います。また夏は日差しが強いので、肌に優しい日本製の日焼け止めは必須です。汗ふきシートもあれば便利だと思います。私はドライヤーも日本から持っていき、変圧器を用いて使用していましたが途中で発火したため、現地購入がよさそうです。韓国でもドライヤーを安い値段で購入できるので私もこちらで買い直しました。ドライヤー以外の電子機器(コテなど)は変圧器で発火もなく普段通り利用できます。その他のものはすべて韓国で購入でき、ダイソーやマートも近くにあるので、日用品はすべてそこで間に合うので日本から持って行くものは必要最低限にすることをお勧めします。

 

最近の過ごし方

夏学期の語学堂を受講していない人は6月末にあった大学の期末考査を終えると、約2ヶ月間の夏休みを迎えます。しかし私は語学力を向上させるために夏の語学堂に通っており、811日まで毎日授業があるためまだ夏休みではありませんが、13時に授業を終えた後は友達と一緒にカフェに行ったり遊びに行ったりと、とても有意義な時間を過ごしています。


先日、早いことに語学堂の中間考査を迎えました。前回と同様、授業をきちんと聞いておけば100点取れる問題なのでクラスの平均も高かったです。テストは春学期と異なり、2日間に分かれて行われました。テストがすべて終わった次の日には文化体験として語学堂のみんなでロッテワールドに行きました。現地では自由行動ですが同じクラスの子たちと一緒に行動し、楽しい時間を過ごしました。文化体験を終えた今は、普段通りの授業がまた始まりました。夏学期のクラスでは3人の先生が日ごとに変わり教えて下さっていますが、優しくて面白い先生ばかりです。クラスのみんなも良い子ばかりで雰囲気も良いので、しんどいですが毎日頑張れます。あっという間に期末考査も控えているので勉強を怠らず、しっかり身に付けたいです。期末考査が終われば念願の夏休みなので、友達と旅行を計画中です。

ロッテワールドにて