グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2014年7月号 国際文化学部 S.K

・試験について

留学に来てもうはや半年がたちました。今回は学生にとって重要といえる試験について紹介したいと思います。大連外国語大学では大きく分けて中間テストと期末テストがあります。私のクラスでは中間テストは基础、口语の2科目があり、期末テストは基础、口语、听力の3科目がありました。大連外国語大学の成績は中間テスト20%、期末テスト70%、出席率・宿題提出・小テストなどの普段の授業態度10%で決まります。(听力は中間テストがなかったので、普段の授業態度10%と期末テスト90%で総合成績が出ます。)なので主に期末テストによって最終の成績が出るのでしっかり復習して受ける必要があると思います。

✻テストの内容

・基础

ピンインを汉字に直す問題、並び替え、空欄に単語を埋める問題、会話完成、作文などなど。教科書から出る問題も多く日々の授業を聞いていれば問題ないと思います。また授業中に期末テストの問題形式も説明されると思うので注意して聞いておくといいと思います。

・口语

口语の試験は”口试”と”笔试”の2部門あります。”口试”は、一人ずつ短文を読でその内容についての質問に答えたり、2分間スピーチをしたり、その場で与えられた例題についてその場で考えて発表するというようなものでした。”笔试”は、会話完成や空欄に単語を埋める問題、自分である事柄について対話文を作るというような問題が出ました。”笔试”は主に教科書から出るので教科書の単語、会話文を予習しておけば問題ありません。”口试”は前もって準備できないものの、文章を作る際に辞書などを使って調べてもいいので2分間スピーチなどを準備するだけでよかったです。

・听力

听力は授業内でやった听力の問題から同じ問題が出ました。A,B正しいのはどちらか、空欄に単語を埋める問題などです。これもわからなかった単語などを復習しておけばいいと思います。

どの教科も日頃の授業を聞いていればとけるような問題です。基础は授業数も多く単語数も多くなるので少しずつ復習しておくことをお勧めします。

・夏休みについて

授業、テスト、卒業式が終わり、とうとう大連外国語大学も夏休みに入りました。大連外国語大学では大体2カ月ほど夏休みがあります。夏休みは帰国する人やほかの大学の短期留学に参加する人(もちろん大連学国語大学にも夏季短期留学はあります。)、旅行をする人さまざまな人がいます。夏休み中は大連外国語大学内にあるお店も大半が閉まってしまい、また寮も有料となるためほとんどの人が大学を離れます。私はせっかくなので旅行をしたいと思っていたのですが、その際に中国人の友達に故郷に誘われ現在その子の家にしばらくの間ホームステイさせていただいています。しばらくホームステイさせていただいた後、旅行に行くつもりです。せっかくの長期休みなので中国のいろいろの場所を見て回りたいと思います。