グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

大連外国語大学
2017年7月号 国際学部 K.S

 

*もってきてよかったもの
日本から持ってきてよかったものを紹介します。
・日本のレトルト食品
大連でも日本食を食べることは可能ですが、手軽に作り、食べることができるレトルト食品はとても便利であると感じました。インスタントの豚汁とレトルトのカレーを持って行って、よく食べていました。
・変圧器
変圧器は非常に便利ですし、持っていく必要があると思います。日本の電化製品を使いたい時に必要なので重宝しています。
・薬
中国に来た当初は何度か体調を崩すことがあったので、飲み慣れている日本の薬は非常に便利です。中国で売っている薬を使用したことはないですが、中国で売っている薬を使った友達は効果がないと嘆いていました。
・日本らしいもの
日本を出国する時に友達から扇子をもらったのですが、このデザインは忍者が描かれているもので外国人の友達から非常に興味を持ってもらいました。日本のアニメや侍について関心を持っている人も少なくなく、日本らしいものは持って行って、損はないと思います。

文房具や衣服、食器類、電化製品は大学内で比較的安価で買うことができるので日本で全て揃えて行く必要はないと思います。

*1日の過ごし方
授業は月から金までで午前中のうちに終わります。大外は都市から離れた所にあるので遊ぶところは少ないです。私は授業が終わると昼ご飯を食べて、1時間ほど昼寝をしてからジムに行き、予習、復習をして、友達と夜ご飯を食べに行くという生活をしていました。大外の近くにジムは2つあります。どちらも一年で600元(約1万円)を下回る安さで通うことができます。環境はいいとはいえませんが最低限の器具やランニングマシーンなどは備えられているので多くの学生が利用しています。私はジムで多くの中国人と友達になりました。夜は大学近くの海鮮街でご飯を食べてしました。フランス人、韓国人、ベルギー人、ロシア人とご飯に行くことが多かったのでご飯を食べながら自分の国の文化や遊びについて楽しく話し合ったりと非常に有意義な時間を過ごせていました。ちなみに、ご飯の値段は日本と比べて安いのですが、同様にお酒も安いです。瓶ビールは安い物で一本3元(約50円)の瓶ビールもあります。ですので、お酒が好きな友達は授業が終わり、昼間から毎日のようにお酒を飲んでいました。(笑)