グローバル教育推進センター交換留学マンスリーレポート

中国人民大学
2012年10月号 国際文化学部Y.M

この一年を振り返って

この一年で特に思い出に残っているのは、中国国内旅行にいったことです。僕は一年で西安、上海、杭州、南京、青島、内モンゴルに行きました。特に夏休みに4つの都市を2週間かけて回ったのはめったに出来ないいい経験でした。日本でもしたことない長い旅行になりました。言葉が通じず不便が多く、トラブルにも何度も会いました。財布を取られたり、詐欺に出くわしたりもしました。しかし中国の他の都市に行くといつもと違った中国を知ることもできますし、宿泊先で出会った人との交流も出来ました。中国人の人は意外と人なつこいのか、半年経ってもまだ連絡をくれたりし、いまでも連絡を取り合う人もいます。旅行中は中国語を喋らずにはいられないので、中国人の人に喋りかける勇気がつくと思います。そして自分の力で旅行を終えた時は達成感がありました。

クラスの外国人たちと知り合い交流できたのも貴重な経験でした。特に後半の学期はコミュニケーションが比較的簡単にとれるのでみんなで遊びに行くことも多くなりました。寮の近くの部屋に住んでいる人たちとも喋るようになり、周りに外国人がたくさんいる今の環境がもうすぐなくなると思うとほんとに寂しいです。10月の最後に国際文化祭と言うのがあり、日本人の留学生で演技を練習しステージで発表しました。毎日ダンスの練習で2時間ほど時間が取られてしまうので、人によっては参加しない人もいます。しかし日本人が全員集まって一つのことをするという機会は一年にこの時だけなので参加することにしました。当日観客の反応もよく、大好評でした。今となってはいい思い出で参加したことに後悔はしていません。 

今回の留学生活を終えて、成功したな、よくやったなと思うこともありますが、失敗したなと思うこともたくさんあります。この留学にきて一番によかったと思うことは高い向上心をもてたことだと思います。中国に来て多くの人に出会いました。皆優秀で向上心の高い人たちで、いい刺激を受けました。中国に渡って周囲の人がすべて知らない人になり、さらに生活の環境も全く別のものになるので慣れるまでは苦労するかもしれませんが、自分を変えるには絶好の機会でした。語言の授業は午前中だけでそれ以外の時間は基本自由です。何をするにも自分次第です、留学時間は限られているので日本に居る時に比べ時間を意識した生活を送れるようになりました。日本に居た時には時間を大切にしようと思ってもなかなか行動に移せずにいました。もしあのままずっと留学にいかず日本で暮らしていたらとおもうとゾッとします。しかし今の時間の使い方が理想とはとうてい言えません。勉強の時間は山ほどありましたが、机に教科書を置いてボーっとしている内に時間が過ぎてしまった、という事もたくさんあり、自分はまだまだあまいと感じました。あと少し後悔しているのは机に向かって勉強している時間ばかりで、中国人との交流や学校の外に出て北京の町並みや雰囲気をじっくりと味わう時間がもっとあればよかったなと思います。帰国後はこの後悔をバネに、勉強への意欲や時間を意識して残りの大学生活を過ごしたいと思います。